仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

仮想通貨

ビットフライヤークイック入金出金遅延停止の理由や原因は

投稿日:

仮想通貨元年から過渡期へ

ビットコインが今年何度目かの大規模な下落を迎えている昨今。

一体仮想通貨はどうなってしまうのかと心配になっている方も多いと思います。

そしてそれに追い打ちをかけるように、日本の大手仮想通貨取引所の多くに金融庁から業務改善命令が出ました。

これによりさらに市場は不安な空気が漂っているのが現状。

しかし個人的にはこれは良い事だと思っています。

これはいわゆる過渡期、ターニングポイントで、しかも仮想通貨がさらに認知され利用されて行くためには必要なものだから。

今回はその理由や、一体なにが起きているのかという話題を。

 

 

ビットフライヤーが危ない!?

今年に入って一気に増えているのが、風説の流布とも言うべき情報の氾濫。

特にビットフライヤーに関しては何度も危険だなんて情報を発しているインフルエンサーがいますよね。

ここまでの現状で言えば、その多くはハズレているわけで、多くの人を不安にさせただけの迷惑行為だと思っています。

 

そんな中で先日から、ビットフライヤーに関してクイック入金が反映されないや出金出来ないという情報が。

この情報にインフルエンサーの風評も加わりビットフライヤーが危ないと思っている人も多いかもしれません。

しかしこれはビットフライヤーが変わっていこうとしているが為に起きている現象だと思っています。

 

 

仮想通貨を健全なものに

きっかけは、とある人のビットフライヤーでのアカウント停止でした。

その理由を尋ねたところ、アービトラージを頻繁にしているためにマネーロンダリングを疑われたのだとか。

 

マネーロンダリングというのは資金洗浄のこと。

そしてアービトラージとは同一のものの異なった取引所などでの価格差を利用して利益を生むこと。

つまり、海外などの取引所と国内の取引所で頻繁に移動して日本円に変えていることから資金洗浄を疑われたと。

 

とはいえ仮想通貨でアービトラージというのはメジャーな利益を生む方法です。

なんでいきなり?と思うかもしれませんが、これまでがおかしかったのです。

 

そもそも、法定通貨はもちろん金などの換金性が高いものの国外への持ち出しや持ち込みは厳しく制限されていますよね。

それはマネーロンダリングなどの対策という意味もあります。

それ故に海外送金は煩わしい手続きや高い手数料がかかったりするわけで。

 

仮想通貨の大きな特徴といえば安価で簡単、高速の海外送金が上げられます。

しかも送金先での法定通貨への換金も可能とくればマネーロンダリングの温床になりえるのは当然。

その対策がここまで緩かったのが異常と言えるかもしれません。

 

先日、金融庁からビットフライヤーや大手仮想通貨取引所が受けた業務改善命令の中にマネー・ローンダリング及びテロ資金供与に係る管理態勢の構築があります。

また、先日コインチェックが日本円・USドルの海外送金サービスの停止を発表しましたよね。

マネーロンダリングの疑いへの対処のハードルが上がったこともこの海外送金サービス停止も同じ目的のためだと言えるのではないでしょうか。

 

ただ、前述したようにアービトラージに関しても多くの人が行っている手法。

チェックなどの対応には膨大な人的リソースが必要になりますし、それに加えIDチェックなどに関しても新たな基準を設けているようです。

ですから出金だけで無くクイック入金に関しても敢えて止めているもの、対応する人的リソースが足りていないゆえの遅れなどがあるのではないでしょうか。

もちろん、だからといって問い合わせスルーというのはあり得ないのですが。

 

これまでが杜撰だったこと、利用者を守り便利な仮想通貨にすること。

改善と未来への取り組みが同時に起こっているわけで、それゆえの現在の混乱だと私は考えます。

 

最後に、今回の記事に関しては直接ビットフライヤーに取材したわけでは無く、知人からの話と先日の業務改善命令から考察、予想したものであることをご了承ください。

この過渡期の混乱が早く収まり、仮想通貨全体が盛り上がりを見せる日が一日も早く来ると良いですね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-仮想通貨
-,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.