仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

ICO

西粟倉村トークンエコノミー協会ICOの詳細や買い方は

投稿日:

新たな一歩

本日、驚きのニュースが入ってきました。

岡山県の西粟倉村がICOによる資金調達を実施するというのです。

自治体のICOというのは初、ついに新たな時代が来たなという気もしています。

 

ただ、なぜICOなのかという疑問もありますよね。

そこで今回はこの岡山県の西粟倉村が行うICOについて詳細を特集していきたいと思います。

 

 

そもそもICOとは

 

ICOというのはInitial Coin Offering/新規仮想通貨公開のこと。

簡単に言うと仮想通貨を発行して資金を調達しようというもの。

これまで資金調達の主流であったInitial Public Offering/新規株公開に比べると簡単に出来ることから昨年から世界中で大きな盛り上がりを見せています。

日本でも1人や数人規模が発行したコイン(もしくはトークン)が数億円以上を短期間で集める例が何件もあるんですよ。

 

それだけにお金を得るのが目的なだけの詐欺なども問題になっていますし、後述する違法性の問題も出てきています。

 

 

ICOでやる意味とは

もし、資金調達だけが目的であるなら私はICOでやる意味は無いと思います。

しかし西粟倉村の計画では、NAC(Nishi Awakura Coin)というトークンを投資家は保有し、保有者は西粟倉村のローカルベンチャー起業の事業構想に参加出来たり、NACが地域通貨になったりというものがあります。

ホルダーが投票権があるというのはブロックチェーン技術を使えば不正が出来なくなるという意義がありますし、その後の地域通貨という構想も仮想通貨ならではといえるのではないでしょうか。

 

個人的には、あくまで個人的にはですが。

ICOを実施します、こんな使い方をしますという順番ではなく、投資家が地域の経済計画に投票できたり地域通貨として仮想通貨を導入するための資金のためにICOを実施しますという順番ならしっくりきたのかなという印象です。

 

 

ICOに違法性は無いの?

ぶっちゃけICOというのは胡散臭いものがかなりあるんですよね。

そういったものから投資家を守ろう、という意味でも規制は進みつつあります。

 

現状、ICOには違法性を問われるケースというのも存在するんですよ。

例えば仮想通貨交換業の登録をしないと改正資金決済法に触れますから違法性を問われる可能性がありますし、変則的なICOとして取引所に上場してそこで資金を集めるのもそろそろキツイカミナリが落ちそうですし。

 

西粟倉村のICOについては、これから一般社団法人西粟倉村トークンエコノミー協会を設立し、2021年までを目処に規制のルールなどを考慮しながら実施するということですので違法性については大丈夫なようです。

 

 

西粟倉村トークンエコノミー協会に注目!

これから是非とも皆さんに注目してほしいのが西粟倉村トークンエコノミー協会。

 

よく、有名人やインフルエンサーが言っているからとICOに参加する人っていますよね。

そして痛い目を見る、経験ある人もいるのではないでしょうか。

 

ICOに参加する、そのコインやトークンの将来性を判断するのにそういった情報は相応しくありません。

大事なのはホワイトペーパーと発行者。

特に、ホワイトペーパーでどんなに崇高なことを言っていても発行者を調べたら詐欺コインをいくつも生んでいる人だったなんて事も多かったりするんですよ。

 

ですからこの西粟倉村トークンエコノミー協会に中心になる人物をチェックして、信用できるのか、期待できるのかというのを判断するのが大事になります。

特に今回は自治体が行うもの。

畑違いの役人の天下りだったり、知名度は高いものの実績が無い著名人有名人が入ってくると黄色信号かもしれません。

 

もちろんまだまだこれからのプロジェクトですから現状はNACを買う方法はありません。

これからの動向に注目し、その時が来たら投資するかどうかの判断を十分にしておくのが吉。

なにしろ現在の計画はかなり画期的なもの、テンバガーどころでは無い化け方をする可能性も期待できますから。

 

なお初心者におすすめな情報をこちらの記事で特集していますので是非チェックしてみてくださいね。

ビットコインや仮想通貨で複数の取引所を使うメリットは

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ICO
-, , ,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.