仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

投資

アルトコインを買うタイミングベストなのは

投稿日:

仮想通貨元年から投資元年へ

それにしても今日のmonaコインの高騰は凄かったですね、歴史的な一日となったのではないでしょうか。

日本初の暗号通貨であるmonaコインが世界的に注目を集め、まさに仮想通貨元年という感じがします。

 

さらに言えば、個人的には投資元年とも言えるのではと思っています。

もちろん、不動産に株に金などこれまでも投資というのは日本でも活発に行われていました。

ただ、仮想通貨がここまで知名度を得る事でその投資がぐっと身近に、そして参加者の年齢も下がった印象があります。

 

ところが参加者が増えるという事は、それだけ損をする人が増えるということ。

投資というものはそんな簡単なものではありません。

実際、今日も知人が300円の価格がついたあたりでmonaコインを買ってみようかと相談してきました。

私はとりあえず待つように話し、そのあと一通り注意点などを話したのですが、今回のように高騰のニュースで飛びついて痛い思いをした人も少なくはないのではないでしょうか。

 

という事で、今回はアルトコインを買うタイミンにについて特集してみたいと思います。

 

 

アルトコインを買ってはいけないタイミング!?

FXをやっている人なら馴染みのある言葉かと思いますが、優位性という考えがあります。

例えば今回のmonaコインのケースで言えば、高騰は実需に関わるニュースが原因で上がったわけではありませんでした。

私の考えではまず値段を上げたい人やグループが仕掛け、信用取引で売っていた人が焦って買い戻す、そういった要因が連鎖的に重なりあそこまでの高騰を見せたのだと思います。

 

値段を上げたい人がいるという事は、利益を出すためにするわけで、そうすると値段が上がったら売るのは当然ですよね。

つまり、こういった場合は高騰したあとはかなり高い確立で下がります。

ですから高騰した段階で買うのは優位性が低いと言えるんですね。

私が知人に買うのを待つように話したのはこのような理由からでした。

 

ではアルトコインを買うべきタイミングというのはどのような時なのでしょう。

 

 

アルトコインを買うべきタイミング

では本題、アルトコインを買うべきタイミングですがそれは人によって違います。

当然と言えば当然なのですが、これは人によって投資のスタイルが違うからなんですね。

買ったらしばらく持つ人、その日の内に利益を出したい人などなど。

個人的には買うアルトコインによってスタイルを変えるのがおすすめなのですが、それもまた人によって合う合わないや生活スタイルで可能かどうかもあるんですよね。

 

とりあえず今回はスタイルによっての考え方を。

まず短期間、その日の内にという場合。これはデイトレードと言います。

デイトレードの場合は短期間で大きな利鞘を狙うわけですから、その上がる根拠があるアルトコインを狙います。

例えば高騰が臨めるニュースが出た段階、これはかなりの瞬発力が必要です。

数分単位で高騰してオイシイところをとれないなんていうこともしばしば。

あとはチャートを勉強、いわゆるテクニカル分析から根拠を見つける場合。でもこれも難しい。

つまりデイトレードは難易度が相当に高いと言えます。

くれぐれも今回のmonaコインのように高騰しているからという理由だけで手を出すのは自粛されたほうがいいかと。

 

次に数日から数週間で利益を狙う場合、これをスイングトレードと言います。

この場合はある程度待つのが前提ですからメンタル的にも楽なんですよね。

買うタイミングについては、先ずは情報収集が必要になります。

そして近いうちに上がる根拠を探すんですね。

例えば現在ビットコインが高騰し続けている理由の一つであるハードフォーク、ちなみにこのハードフォークは暴落の原因でもあるのですが、単純にその暗号通貨を持っていれば資産が増える種類のハードフォークものがあります。

その他にもその暗号通貨で決済できる店舗が増えるなど意外と根拠になりそうなニュースは転がっているんですよ。

もしくは調べているとその暗号通貨自体に未来の可能性を感じる根拠を見つけることもあるかもしれません。

 

まとめると、アルトコインを買うタイミングに最適なのは優位性がある場合、もしくは根拠を見つけた場合。

高騰しているからとか下がりすぎている気がするからというような、いわゆる値ごろ感なタイミングで買われない事をお勧めします。

 

ちなみに今回のmonaコインのケースで言えば、ビットフライヤーで取り扱い開始となったのが大きな契機であったと考えられます。

ですからビットフライヤーのようなメジャーな取引所で、信用のおける暗号通貨が取り扱い開始されたらある程度の根拠になるといえるかもしれません。

 

なお今回特集した内容は当然ではありますが、私の個人的な考えを記したものです。

利益を保証するものではありませんし、なんらかの損失があっても責任は負いかねますのでご了承ください。

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-投資
-,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.