仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

草コイン

仮想通貨SIPSの今後の将来性、高騰するのか

投稿日:

投機と投資

本日、ビットコインの価格も100万円を超え一気に盛り上がりを見せています。

これがニュースで報じられると新規流入も増えますし、しばらくはお祭りムードかもしれませんね。

まあここで叩かれて大きな調整に入る可能性もあるのですが。

 

そしてこの上昇ムードはもちろんビットコインだけにとどまりません。

アルトコインや草コインも好調なものが多く、投資してみようと考えている人も多いのでは。

しかし、こういう時こそ慎重にならなければなりません。

 

先日こちらの記事

仮想通貨BSRに見る草コインで損や失敗しない方法

で紹介したBSR、かなりの損失を出した人もいるようで、Twitterなどで見かけると胸が痛くなります。

でもそこで敢えて言いたいのが、一体どうして買ってしまったのか。

 

投資と投機は違います。

最初から一攫千金を狙ってハイリスクでというのならそれも良いでしょう、しかしハイリスクというからにはそれは無くなっても良いお金でなければなりません。

もしそうでないなら、それなりの行動をとる必要があります。

 

だからこそ大事なのが、なぜ買ったのかという理由。

本当に納得できる理由があって投資したのなら、それで失敗しても納得できるでしょう。

しかし上がると言っていた、上がる気がした、なんとなくなどそんな理由でお金を失ったら・・・。

大事なお金なら投資する前に是非とも考えてみて下さい。

 

そんな中で、知人にSIPSという草コインについて買うべきか聞かれました。

という事で、今回は調べてみた個人的な見解を書いてみたいと思います。

 

 

仮想通貨SIPSとは

SIPSはSipsCoの通貨単位。

最大供給量は約910億。

 

SIPSはシステム統合決済サービスなのだそうです。

公式サイトから引用するとこんな感じ。

システム統合決済システムまたはSIPSは、既存の決済システムに統合可能なブロックチェーン技術ベースのデジタル決済システムです。SIPSは、ユーザーがSIPSの開発を通じて複数のデジタル通貨を除くことを可能にします。これらの通貨は、インターンSIPS交換のSIPSトークンに自動的に交換されます。

SIPSは、より安定したレートで、より揮発性の低いデジタル資産にエンドユーザーがアクセスできるようにします。  SIPSの背後にあるビジョンは、小売業者にとってよりアクセスしやすい媒体を作り出すことです。

なんだか判然としませんね。

 

そしてこのSIPSの売りとも言われるのが100MBというブロックサイズ。

ちなみにビットコインのブロックサイズが1MBですから単純に比べると百倍、凄いですよね。

でもそれって実際に動いているシステム上での話?もしかしてポエムでは・・・。

しかもこのSIPSの開発チームというのがまた判然としない。

 

 

仮想通貨SIPSは買うべきなのか

はっきり言って現状、SIPSはなんだかわからないコインという印象。

でもこのわからないって大事なんですよ。

何故なら買わない材料になるから。

 

もしかしたらこのSIPSは凄い開発チームがいて、実際に1ブロック100MBでスケーラビリティ問題もなんのそのな素晴らしいものなのかもしれません。

しかしそうではないかも。

だったら買わないのが吉。

凄いなら凄いで解った時に買えば良いのです。

 

私が草コインで多くの人が失敗する理由は恐怖心だと思っています。

もし買わなかったら、このまま上がり続けるコインに乗り遅れるのではという恐怖心。

上がるかどうかもわからないものが上がったと想定し、そこでの機会損失に恐怖を感じるなんて正気ではありません。

買うことによって出る損失への恐怖心がきちんとバランスをとれるのが失敗しない人だと思うんですよね。

 

仮想通貨が高騰しお祭りムードになると、この買わないことへの恐怖心は多く出会うことになると思います。

投資は自己責任、是非とも理由なき投機で財産を失うことのないように。

 

なお初心者におすすめな情報をこちらの記事で特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

ビットコインや仮想通貨で複数の取引所を使うメリットは

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-草コイン
-

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.