仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

体験談

VALUと仮想通貨が迎えるリスク

投稿日:

VALUと仮想通貨の未来は明るいか

VALUに完全にハマっている人には寂しい期間になっているのではないでしょうか。

現在はビットコインの分岐に伴うリスク回避の大作でお休み中なんですよね。

暗号通貨・仮想通貨の取引所がそうそうに通常営業に戻る中、VALUは最大で一週間のお休みですからこれはかなり長い印象。

しかし、すでに海外の取引所では分岐したBCHを盗まれるなんて事案も発生していますからこれくらい慎重でちょうど良いのかもしれません。

 

さて、手持ちぶたさもありますし、今回はVALUと仮想通貨・暗号通貨の未来について特集してみたいと思います。

この分岐もそうですが、最近は立て続けに色々とありましたから色々と思うこともあって。

個人的には今が正念場という思いもあり、最後までお付き合い頂ければと思います。

 

 

VALU・仮想通貨=胡散臭い?

VALUを利用したり、ビットコインやリップルなどに日頃から触れている人にはそうでも無いのですが、一般的には仮想通貨・暗号通貨って未知のものだったりします。

人間の感情として、未知のものというのは怖いもの。

それは先入観や固定観念となり、入ってくる情報からも不安なものを無意識かつ恣意的に選択して印象として蓄積されます。

 

そういう意味では時期が悪かったなというのが名古屋の事件。

ビットコインに関する投資セミナーの関係者が事件を起こしましたよね。

さらに被害者からビットコインを奪っていたという事実も発覚しましたし、このことがビットコインに関してはマイナスな印象として多くの国民に植え付けられました。

 

しかし、もしこれが普通に現金目的ならそうはならないですよね。

悪いのはお金を狙った犯人で、お金が胡散臭くはありません。

ビットコインというよく分からないものが絡んでいるからこそ悪印象となるのです。

 

さらに、このセミナーもくせもの。

はっきり言ってこういったセミナーは数多くありますし、すでに仮想通貨を扱うセミナーやコンサルで数多くの事件が起きています。

ですから今後もこういった事件が世間を賑わすことは確定的ですし、そのたびに印象が悪くなるかもしれません。

 

これはVALUに関してもいえます。

これまでも〈一日数分で数百万円の不労所得が!〉なんて煽り文句で高額な代金を請求する詐欺というのはありましたよね。

それはアフィリエイトなどの地位を落としてきたわけですが、すでに実際に私はVALUに関するこういった広告を目にした事があります。

ということは、事件化すれば多くの人に悪印象を植え付けますし、大きな逆風なんですよね。

 

 

BCHのもたらすもの

今のところ、しかもあくまで個人的な印象の話ではありますが。

BCHは仮想通貨・暗号通貨にとってかなりの損害を出すのでは無いでしょうか。

 

というのも、はっきり言って今のところBCHは暗号通貨として全く実用的なものではありません。

皆さんが利用している代理店でも現在は送付に関して見送られていると思いますが、それはそういうことなんですよ。

送付や預かり入れはやっていないけど売買は出来るじゃないか、という方もいるかもしれませんが、それはあくまでマネーゲームのようなもの。

 

しかもビットコインの価格は大きく混乱しましたし、BCHに関しても初日の現在様々な思惑によって乱高下やサーキットブレーカー発動が繰り返されています。

ただ、利益を得た人は大勢います。

もしかしたらひとしきりのマネーゲームのあとにこのまま消滅するのではなんて言われていますが、それでも今後繰り返されると思います。

 

まず、大きな力をもったマイナーがそのわがままで分岐させ、大きな利益を誰かが得るという前例が出来たのが不味かった。

一番利益を得たのはそのマイナーでは無かったかもしれませんが、上手くやれば世界に混乱と不利益をもたらす引き換えに利益を生めると実証したのですから。

そうすると、開発者で無くともマイナーとなり大きな力を得ればここまでの事態が生めるのですから目指す輩が出てきてもおかしくありません。

 

さらに、こういったゴタゴタというのはやはり外からの印象が悪い。

今回の件でもビットコインに関して〈そういったもの〉という印象という印象を持った人が大勢います。

マウント・ゴックスのように突然消滅したり、なんだかわからないけど分裂して大変なことになるもの。

これじゃあ良いイメージにはなりませんよね。

 

 

私たちに出来ることは

はっきり言って、私たちに出来ることってそんなにありません。

そもそも仮想通貨や暗号通貨というのはもはや世界の大きな潮流で、大きなうねりのようなものをどうにかしようというのは無理があります。

 

ただ、VALUに関してはまだ出来る事があるような気がしています。

例えば、胡散臭い商材やセミナーのを見つけたら運営や消費者生活センターに通報してみる。

これはある種の自浄作用だと思うのですが、実際にVALUに触れているからこそ見抜ける嘘や欺瞞というのはあると思います。

 

あとは、VALUを正しく楽しむこと。

もともとVALUは素晴らしいサービスで、何かにチャレンジしたい人が資金を集めるには画期的なものだと思います。

ですから、VALU発で有意義で評価されるものが世に出るなら、それはVALUのイメージの向上につながるのではないでしょうか。

 

仮想通貨・暗号通貨やVALUが現在迎える最大のリスク、それは胡散臭いなどの悪印象だと思います。

どちらも素晴らしいものですから、人に話した時に眉をひそめられるなんて悲しいことにはなって欲しくありませんし、その為にはまずわたし達が悪印象を持たれるような使い方をしない事が大事なのかもしれません。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-体験談
-,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.