仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

未分類

VALUでビットコイン分裂で損をしないために

投稿日:

本当に大丈夫?

ビットコインの分岐(分裂)ですが二転三転というわけでは無いのですが、事態は刻々と変化しています。

私の周りにもビットコインを利用したり投資したりという人は多いのですが、意外とみんな楽観的なんですよね。

いや、これはもう楽観的じゃなくて能天気、だってめちゃ損するかもしれないんですから。

 

特に、私はここでも紹介していますようにVALUを利用しています。

今週はじめでBTCは400%になっていましたから今は詳しく計算していないですがもっと増えていますし、結構心配なんですよね。

という事で今回はこのビットコインの分裂とVALUについて、どうして損をするかもしれないのか、どうすれば良いのかについて特集してみたいと思います。

 

ちなみに私はあくまで専門家ではありませんし、間違っている事もあるかもしれません。

あくまでそういう意見もあるのかという程度に、そして考えるきっかけにして貰えたらと思います。

 

 

ビットコインの分裂で損をする!?

まずビットコインの分裂についてですが、どうしてそのようなことが起こるかについてはこちらでざっくりと説明していますのでご覧ください。

リンク:VALUとビットコインの分裂の対策について

 

ビットコインが分岐(分裂)するとどうなるのか。

それはビットコイン増えるのです・・・というと語弊がありますね。

それまで1つだったものが2つになるのですが、分裂というよりは分岐がやはり正しいかもしれません。

現在可能性が高いのは、ビットコインからビットコインキャッシュというものが分かれて2つになるというもの。

 

するとどうなるのか、価値が下がります。

当然ですよね、一万円が一万円と1万円Bに別れますとなったらその価値も別れて然るべき。

いや、厳密にはその例えも違うのですが。

さらに、通貨としての不安定な状態ですから価値自体も下がると思います。

 

だったらみんなそうなるし、しょうがないんじゃないの?って思うでしょ。実はそうでは無いのです。

 

 

分裂したものは何処へ

起こってもいないことですからわからないのは当然ですが、もし分裂(分岐)したらどうなるのかは未知。

ビットコインが再び盛り返すかもしれませんし、ビットコインキャッシュが大きな価値を持つかもしれません。

もしかしたらどちらも大幅に価値を減らしたり消えてしまうかも。

 

でも待って下さい、この分裂(分岐)した先のビットコインキャッシュって誰のものなのでしょう。

自分が持っているビットコインから分岐したのだから自分のもの、とはいかないのです。

 

まず、持っているVALUに関して。

これも厳密に利用規約で検証したわけでは無いのですが、これはビットコインではありません。

100円で鉛筆を買いました、日本円が100円と100円Bに別れたとしても鉛筆は別れないと同じ感じじゃないでしょうか。

だったらVALUを全て売ってビットコインにしておけば良いのか、それも違うようです。

7月21日の現状ではありますが、VALUの運営の説明には言及がありませんでしたから決まってない、もしくは付与されないということなのでしょう。

 

次に、このビットコインを取引所に戻すとしたらどうでしょう。

日本仮想通貨事業者協会のサイトにはこうあります。

8月1日にはハードフォークによる分岐が発生する可能性があります。
このハードフォークにより既存のブロックチェーンでは引き続きビットコインが取り扱われる一方、新たに形成されるブロックチェーンでは、ビットコインキャッシュと命名される予定の新しい仮想通貨が取り扱われることが計画されています。
新たに形成されるブロックチェーンにおいては、ビットコインと同数のビットコインキャッシュが新たに発生することになります。各会員がお客様から預かっているビットコインに関し、このハードフォークによって新たに発生するビットコインキャッシュが誰に帰属するかは、各会員の規約等によって定められます。

簡単に言うと、ビットコインキャッシュが誰のものになるのかは利用している取引所が決めていますよってこと。

つまり、ビットコインはそのままだけどビットコインキャッシュはうちで貰いますね、なんて取引所も出てくるかもしれません。

 

皆さんは利用している取引所の規約を精査して理解しているでしょうか。

私ははっきり言うと微妙です笑

が、利用しているビットフライヤーからは、分岐したものも永続的に続きそうならあげるよーみたいな告知があったので安心はしていますが。実際に起こってみなければどうなるかわからないですけどね。

 

という事で、今回の騒動に起こりうる損としては私が警戒しているのはこのビットコインキャッシュが手に入らないかもしれないというケース。

もしかしたらVALUの方でも何かあるかもしれませんしやっぱり何も無いかもしれません。

取引所でも付与されると思いきや取引所判断で没収されるかも。

そもそも分裂(分岐)事態が起こらない可能性だってあります。

 

なのでやはりこれは自己判断で、自己防衛。

せっかく取得したVALUを手放すのは惜しいですし、騒動が終わってから買い戻そうと思っても買えない値段になっているかもしれませんし。

 

私は高額になっていて伸びしろがなく愛着が無いものは売ってしまって取引所に移動しておこうと思っています。

ちなみに売ろうと思っても買い手がいなければどうしようも無いのですが、その点は私は買い板が厚いものを厳選して取得していますので困らないはず。

こういう時にVALUを取得する最初の選び方って大事だと思うんですよね。

 

なんども言うように、これから起こる事は未知で何も起こらない可能性もあります。

ですからこれは私の見解で何かを推奨するものではありません。

ただ、ビットコインはもちろんVALUも始まったばかりのものでこれからはこういった局面も多々出てくるのでは無いでしょうか。

そんな中で、受動的で無く能動的なリスク管理を考えるきっかけになってもらえればと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-未分類
-,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.