仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

体験談

VALUとビットコインの分裂の対策について

更新日:

実際のとこどうなのよ

日本人の悪い癖と言いますか、危機意識というものが少ないところがありますよね。

例えば、某国からミサイルが飛んでくるかも、なんて言う時も食料や飲料水の備蓄をしていたり、避難場所の確認をしている人って驚くほど少ないんですよね。

また、マイナンバー施行時も実際どういった手続きが増えるかなど始まるまで調べなかった人も多いようです。

必要な情報は与えられて当然、という時代はもう終わっていると思うのですが。

 

そして今、わたし達が直面しているのがビットコインの分岐(分裂)問題。

確かにビットコインを利用している人が現場多いとは言えませんが、少なくともVALUを利用している人には直接影響する問題ですよね。

でも現在、何が起こってどう対応するかを把握している人ってそんなに多くは無いと思います。

 

という事で、今回はビットコインの分裂とそれによって何が起こるか、どう対応するかについて特集してみたいと思います。

 

 

そもそもビットコインって?

その始まりは2009年のこと。

サトシ・ナカモトという現在も正体不明の人物の論文をもとに、運用が開始されたのがビットコインでした。

日本では仮想通貨と呼ばれる事も多いのですが、海外では暗号通貨という表現がメジャーなようです。

 

その特徴といえば、中央集権化されたサービスでは無いということ。

普通、通貨といえば国や銀行が管理しますよね。

これは、その国や銀行が絶対的に信用を得ているからこそ成り立っています。

もし国や銀行が不正をすればわたし達の財産は損なわれますし、コントロールされる可能性すらあります。

 

ビットコインは非中央集権ですから、そういった心配からは開放されます。

その代わり、今回の分岐(分裂)騒動が起きるなどコントロールされないゆえのリスクも存在するのですが・・・。

 

 

ビットコインが分岐(分裂)する!?

まず前提として、この問題について完全に理解・把握している人は世界に一人もありません。

というのも、まだどうなるかわからないからなんですね。

しかも、分裂するのが確定したとして、その先起こる栄光も未観測なわけですから予想することしか出来ません。

ですからこれからお話しするのは、あくまで現在の情報をもとにした事であり、私というフィルターを通したものであるという事を断っておきます。

 

さて、ビットコインが分岐(分裂)すると言われても詳しくない人にはちんぷんかんぷんな話ですよね。

そもそも、暗号通貨というのはまだ黎明期であり、テスト期間と言っても過言では無い時期にあります。

不具合が見つかっては対応の繰り返しなのです。

 

そして直面した大きな壁、それはビットコインの処理速度。

特に最近は利用者も増え、そのため急増した処理すべき情報に現状のシステムでは耐えられず遅れが出てきてしまうのです。

さらに言えば、これからどんどん利用者が増えるのですから今対応しなければならない問題と言えます。

 

そこでひねり出した対策がセグウィットなのですが、ビットコインのコミュニティ内でセグウィットに反対するグループが意義をとなえる事態に。

こうして意義をとなえるグループは自分たちの信じる方法で暗号通貨を管理すべく袂をわかつような方向へ。

 

私の認識ではほぼ分岐(分裂)は確定していると思います。

おそらく、皆さんも利用している取引所から8月1日(もしくは前日)からの一時的な利用停止が通達されていると思いますが、この日がXデーになりそうだからなんですね。

 

 

ビットコインが分岐(分裂)したらVALUで何が起こるの?

ビットコインが分岐(分裂)したら何が起こるのか、はっきり言えばまったくわかりません。

だからこそ、リスク回避の為にとVALUからビットコインを引き上げる人が出てくると思います。

そうなるとVALUの価値は大幅に乱れると予想できます。

一過性のものな可能性もありますが、そうでない場合はみなさんのVALUにも深刻な事態が起こるかもしれませんね。

もちろんそうならない可能性もありますが。

 

 

どんな対策をとれば良いの?

ます最初に言っておきたいのは、自己責任で行動すること。

私がこれから話す内容ももしかしたら間違っているかもしれませんし、取引所の説明も間違えているかもしれません。

似たような事例が過去にあったとはいえ、完全にイレギュラーな事態ですからその結果もどうなるかわかりません。

そもそも分岐が起こらない可能性もありますし。

 

それを踏まえてまず、一番安全な方法は早期にVALUをビットコインにして取引所に、そこから現金化すること。

暗号通貨で何かが起こるなら、暗号通貨でなくすれば良いというわけです。

 

次に安全だと思われるのが、VALUをビットコインに変え、取引所に避難させること。

基本的には取引所にあずけ支持に従えば安全なようです。

ただ未曾有のことですから100%安全とは誰も言い切れないかもしれません。

 

その他の方法は私は(あくまで私はですが)選択しようと思いませんが、このままVALUにしておくという選択もあるのかもしれません。

案外、結局何も起こらず事態がおさまるなんてことになるかもしれません。

せっかく取得したVALUを手放して、また取得するのって難しそうですよね。

 

近いうちにVALUの運営からも告知があるとは思いますが、現状では何が起こるか(起こらないのか)分かっていませんからこの対応が遅いとも言えなかったり。

とにかく情報を集め自己責任で行動する、そうして少しでも多くの人がトラブルに見舞われないよう過ぎれば良いのですが。

また気になる情報を見つけたらこちらで紹介しますね。

 

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-体験談
-, ,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.