仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

COMSA

COMSAトークンの仕組みを簡単に説明して見る

投稿日:

仮想通貨とか暗号通貨とかトークンとか

最近では仮想通貨や暗号通貨というものがテレビでの話題に上がる事も多くなりましたよね。

ただ、それだけに一般的には間違った方向へと理解がズレているような印象もあります。

個人的にはトークンという表現が好きで、それは仮想通貨という表現を最初から使うと誤解を生むことが多々あるからだったり。

 

例えば、最近私が興味を持っているCOMSA。

そのトークンを知人に説明している時に、変にテレビなどで知識を持っているばかりに、

「お金を最初に決まった量売り出すの?」

「お金なのに元々は決められた使い方があるの?」

などと混乱していました。

 

ということで、今回はCOMSAとトークンの仕組みなどについて出来るだけわかりやすく説明してみたいと思います。

ただ、あくまで私の理解を通して噛み砕いたものですからその点はご了承下さい。

 

 

トークン=通貨は間違い!?

私達の身近にある通貨といえば日本円ですよね。

物心ついた頃から生活に密接に絡んでいますから、その本質について考えた事は少ないかもしれません。

ただ、何かを得るために必要なもの、そして汎用性のあるものという認識で概ね間違いは無いと思います。

 

それに対して、テレビなどで使われるトークンが指す仮想通貨や暗号通貨の〈通貨〉は日本円とは大きな隔たりがあるんですよ。

デジタルネイティブ、ネットワークネイティブな通貨という言われ方もしますが、前提として汎用性はありません。

日本円のようにお菓子も買えれば車も買える、というようなものでは無いんですね。

 

考え方としては外国の通貨に近いかもしれません。

わたし達がトルコリラを持っていてもお菓子や車をすぐに買えませんよね。

しかし、トルコリラで日本円を買う(両替、交換)する事は出来ます。

 

このように、多くの場合にトークンが訳される仮想通貨や暗号通貨の場合のトークンというのは、元々は外国に例えられるようなあるネットワーク限定で利用されるものと言えます。

その価値が日本円やドルから見合うと認められれば、そこに両替や交換に売り買いといった価値の交換も起こりうる、といったところでしょうか。

 

例えばXRPは元々はリップルネットワークの通貨ですし、逆にVALUでトークンにあたるのはVAですが株に近いもので通貨とは言えないですよね。

ですからトークンをまず仮想通貨や暗号通貨と認識するのは危険で、あるネットワークで使われる単位や目印などふんわりと理解しておくのが正解ではないでしょうか。

 

 

限定的だから価値がある!?

汎用性がない、用途が元々は限定的というとなんだかネガティブな印象も受けるのではないでしょうか。

でも、だからこそ価値が保証されるという一面もあるんですよ。

 

例えば、トークンというのは今やだれでも発行出来ます。

それはもう簡単で、アプリを利用して簡単なステップで私だって、ここを見ているあなたも簡単に発行出来るのです。

では問題、私がトークンを発行して、それをお金を払ってあなたは欲しいと思いますか?

答えは否ですよね。

何に使えるかも分からないようなものを、わざわざお金を払って手に入れたい人はいません。

 

では、そこに使い道が決まっていたらどうでしょう。

私が発行したトークンがあれば、魅力的なそこでしか交換出来ないサービスが受けられる。

もともと用途が限定されているというのは言い換えれば、あるサービスには利用できるという保証と言えるのです。

 

例えばZAIFの発行したトークン。

元々は利用用途もよくわかりませんでしたし配当なども無く、一時は0.2円ほどまでに価値は落ち込みました。

それがキャンペーンをうち、トークンの利用用途を作る事で大きな価値を生みました。

ある意味、ここで初めてZAIFトークンは仮想通貨と呼べるものになったと言えるかもしれません。

 

 

COMSAのトークンの価値とは

なんだかとても遠回りをした気もしますが、個人的には以上の事を踏まえるとCOMSAのトークンについてはとても理解しやすいのではと思います。

 

まずCOMSAというのはICO、仮想通貨発行による資金調達を円滑にするためのサービスと言えます。

その第一弾が、COMSA自身の資金調達の為のトークン発行。

ここで取得したトークンはその第2弾以降の案件で払い込みに利用できますし、さらにその際にボーナスという付加価値も付きます。

つまり、前述したような価値の保証のようなものがあるんですね。

それはまさしく仮想通貨ですし、その他凡百のトークンに比べればとても魅力的なトークンと言えるのではないでしょうか。

 

ちなみにその第2弾、3弾のプロジェクトも予告されており、そこにはあのクラウドファウンディングの大手キャンプファイヤーなども名前を連ねています。

ということは、もしかしたらこのトークンはかなりの価値を持つのではと予想するのは私だけでは無いはず。

もちろんそうならない可能性もありますが、ビットコインだって当初はどうなるかわかならいものだったはずです。

ならば乗ってみるのも悪くは無いですよね。

 

ちなみに10月2日から予定されているこのトークンセール、発行数はこの時の総量によってロックされますからかなり重要なトークンセールと言えます。

こちらから

リンク:COMSAのトークンセール

アクセス出来ますし、こちらの記事でも特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

リンク:COMSAトークンとは簡単にわかりやすく説明してみる

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-COMSA
-

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.