仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

知っておきたいあれこれ

自分の発行したVALUを売られるメリット

投稿日:

どうせなら楽しく

私は日々VALUというサービスを楽しんでいるだけに、他の人の意見も気になるところだったりします。

そうやって見ていると、なんだかザワザワし始めたなーという感じが最近するんですね。

 

利用者同士のトラブルなんかも起きているようですし、色々な面でストレスを感じている人もちらほら。

まだまだ黎明期ですから私を含め初心者が多いのは当然で、だからこそ皆で楽しんで活発なサービスになればと思います。

 

中でも私が気になるのが、自分の発行したVALUをホルダーに売られた事でストレスを感じたりイライラしている人。

これって別に当然の事ですし、メリットもある事ですからストレスを感じるのって勿体無いと思うんですよね。

 

という事で、今回は自分が発行したVALUをホルダーに売られた事に関するメリットについて特集してみたいと思います。

 

 

なんでVALUを売られたらイラッとくるのか

カウンセリング、という程に仰々しいものでは無いのですが、私は知人の相談にのる事が多くあります。

その際に大事なのは、ストレスを感じている原因は何か、何故それをストレスに感じるのかについてを本人に自覚させる事だったりします。

そうして考えてみれば、ストレスを感じる必要の無いものだったり、軽減させる方法が明らかになったりと本人の助けになるんですね。

 

さて、では何故自分が発行したVALUを売られるとイラッとするのでしょう。

まず考えられるのは、自分の発行したVALUで不当に利益をあげられている気がするから。

でもこれってかなり的外れなんですよね。

元々、VALUを発行し買い注文を出した人に買われた時点で自分にはビットコインが入りますよね。

その先、そのVALUを誰かに売られても、そのまま持っていて貰えてもどちらにしても自分に入るビットコインはゼロ。

 

もし、その事で本来自分が売るはずだった需要が消えるというのなら、それは先に需要に供給出来なかった自分の責任。

基本的にVALUも需要と供給で成り立っていますから、それが自分の思い通りにならないと気に入らないというのならそれは子供の癇癪と同じです。

 

そしてもう一つの大きな理由が、精神的なダメージでは無いでしょうか。

VALUは自分の価値で成り立っています、そこで買ってくれたVALUを手放されるというのは自分の価値の否定に感じるかもしれません。

ただ、これにしても結局は自分の価値を高いものとして提供出来なかった自分の責任。

精神にダメージを食らう程の価値があなたのVALUにはありますか?だったら手放されるはずも無いのでは。

優待をつけるなりアピールするなりの努力が必要で、イライラする理由にはなりません。

 

 

自分の発行したVALUが売られるメリットは?

という事で、次はVALUを売られる事で得られるメリットについて説明しようと思います。

 

1.流動性が出る

株では流動性が低い銘柄にはリスクがあると言われています。

そもそも、動きの無い銘柄というのは買いてからすれば手を出しづらいんですよね。

VALUはまだまだ黎明期ですからそう感じる事は少ないかもしれませんが、長い間を自分のVALUを運用しようと考えるのなら必ずこの流動性が大事になります。

 

 

2.値段が動く

最初の段階で連日ストップ高で取引したばかりに、値段が上がりすぎて急にVALUが動かなくなっている人も多い様子。

そもそも適正価格というのは需要と供給が繰り返される事で決まりますから、一方的な都合の供給を重ねては上手く行くはずもありません。

その点、前述した流動性があれば自分の発行したVALUをいたずらに出さなくとも適正価格へと寄っていきますからこれもメリットと言えます。

もし、自分が供給するもの以外に売り板がスカスカなら、地道に少しづつ低い値段で下げていかなければならなくなります。

 

 

現状、発行できるVALUの総量というのは増やせませんよね。

もし長く利用する気なら、その限りあるものを使わずに流動性が生まれたり、価格が適正価格に寄っていくというのは大きなメリットだとは思いませんか?

もし、VALUを株では無くトレーディングカードだと考えており、そういったものがメリットだと考えられないのなら、売りたい人がでてこないほど自分でその価値を高める事をお勧めします。

 

私はVALUはとても素晴らしいサービスだと思っています。

何かに挑戦したい人が低いハードルで資金を調達でき、気軽に支援出来るってすごくないですか?

それだけに、利用している全ての人が楽しく活発な取引の場であればと思います。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-知っておきたいあれこれ

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.