仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

知っておきたいあれこれ

高騰必至仮想通貨!?NEP5系トークンとは

投稿日:

新しい風

ハッキングや暴落などもあり、テレビなどで仮想通貨が扱われる事も随分と多くなりました。

これまで仮想通貨に興味を持たなかった知人なども話題にあげたりと、その知名度も随分と高くなった印象。

しかし、まだまだ世間では仮想通貨といえばBitcoinなんですよね。

仮想通貨に実際に触れている人にとってはそれぞれの贔屓の仮想通貨はもちろん、本当に多くの種類があることは知っているのですが、そういう意味では認知度もまだまだなのかもしれません。

 

そんな仮想通貨ですが、次に来ると言われていたのがイーサリアムベースのトークン達。

これはイーサリアムというプラットフォームのポテンシャルとそこから開発されるアプリケーションへの期待からなのですが、早くも次の風が吹き込んできました。

 

切っ掛けは2018年2月12日、RPXがバイナンスに上場したこと。

上場後はそこまで売り叩かれることもなく堅調な価格を推移しており、今後もNEP5のトークンが続々と上場するのではと言われているんですよ。

 

でもこのNEP5というのはなんなのでしょう?

ということで調べてみました。

 

 

NEP5とは

NEP5というのは簡単に言ってしまえば規格のようなもの。

仮想通貨の情報に関してアンテナを高く張っている人はイーサリアム関連やイーサリアムベースの仮想通貨でERC20というのを目にしたことがあると思います。

ERC20はイーサリアム、そしてNEP5はNEOのものなのです。

 

 

イーサリアムとNEOはどう違う?

NEP5の魅力を語る上で、やはりNEOとイーサリアムを比べてみるのが早いと思います。

個人的には現時点でどちらが上と論じるのは違うと思うのですが、すでに有名なイーサリアムを引き合いに出すことで分かりやすくはなると思います。

 

NEOは2016年に公開されたスマートコントラクトを採用したプラットフォーム。

ここまではイーサリアムの説明にも通じるものがあるのですが、幾つかの異なる点があります。

 

まず、幾つもの開発プログラミング言語を採用していること。

イーサリアムはSolidity、Serpentという独自の言語を採用しているのですが、そのため誰でも開発に乗り出せるとはいきません。

こういったものは価値あるアプリケーションなどを開発してこそなので、間口は広い方が良いと思うんですよね。

その点NEOは、JavaScript、Python、.NET、C、C#、C++といったメジャーなプログラミング言語に対応しており、多くのシステムエンジニアが開発に参加できる敷居の低さを実現しています。

 

次に処理速度の速さ。

Bitcoinで送金の遅さを感じて不満に思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

この処理速度、Bitcoinなら一秒間に7件、イーサリアムなら15件と言われているのですがNEOなら1000件と言われているんですよ。

もちろんBitcoinのような頻度で利用されれば問題も出てくるかもしれませんが、額面通り実現するなら凄いことですよね。

 

その他にもイーサリアムと違いDBFTというブロック認証システムが採用されており、不正やバグへの対策としています。」」」

 

 

NEP5系トークンは高騰するのか

このNEP5の将来を占う上で外せない要素が中国発であるということ。

中国というのはその人口の多さで知られていますが、人口が多いということはそれだけ様々な分野での市場規模が大きいことでもあります。

 

また、中国といえば仮想通貨規制のニュースが出ることで不安に思っている人もいるかもしれません。

しかし現状それは規制で禁止ではありませんし、TKYのように政府の協力を得て進んでいるNEP5系トークンもありますから心配ないような気も。

むしろ規制内は国が推進する気さえしていたり。

 

今後もバイナンスのみならず世界の大手取引所への上場も予測されますし、その中から高騰するものもどんどん出てくるのではないでしょうか。

ということで紹介してきましたNEP5、もちろん投資は自己責任ですがポートフォリオの一つに組み込んでみるのも面白いかもしれません。

 

なお初心者にオススメな記事をこちらで特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-知っておきたいあれこれ
-,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.