仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

知っておきたいあれこれ

高騰暴落の材料になるワイス仮想通貨格付けとは

更新日:

やっとスタートライン!?

仮想通貨に興味がある人なら最近よく耳にしていると思われるのが世界各国で続々と報じられる規制に関するもの。

このニュース、よく勘違いされるのですがマイナスなものばかりでは無いんですよね。

枠組みや決まりが無いものというのは弱者を食い物にするシステムを生みやすいですし、安全安心に接するために必要な制度を作るのもまた規制なのです。

車の法定速度などの規制を考えてみればわかりやすいでしょうか。

 

ある意味ではこういった取り組みがなされてやっとスタートラインと言えるのだと思います。

そういう意味でも注目なのが、ワイスレーティングによりついに始まる仮想通貨の格付け。

今回はこの格付の意味やワイスレーティングなどについて特集してみたいと思います。

 

 

ワイスによる仮想通貨格付けの意味とは

皆さんは仮想通貨を選ぶ時に何を参考にするでしょうか。

ホワイトペーパー、友人に進められたから、取引所のチャットで上がると言っていたから、などがあると思います。

しかし、上記のものはどれも危険な面があるんですよ。

 

例えばホワイトペーパーは上手に書いてあっても開発や進行の実態が無い仮想通貨も多く存在します。

友人に進められたからというのも何を根拠にしているのか不明ですし、その友人が騙されている可能性もあります。

取引所のチャットは買い煽り、売り煽りによる価格操作に溢れていますから注意しなければいけない最たるもの。

そして問題なのは、仮想通貨の価格というのはそういったもので高騰暴落するものであったということ。

 

これは投資者へのリスクであると同時に、その仮想通貨自体にも風評被害に因るリスクとなりますし、ひいては仮想通貨全体を脅かすものと言っても過言ではありません。

これまでそういった状態で続いていたからこそ、一般からは胡散臭いや怪しいなんていう認識も根強いのでは無いでしょうか。

ですから、私は今回のワイスレーティング(Weiss Ratings)による格付けで、仮想通貨がまた一歩新たな段階に進んだなという気がしています。

 

ワイスレーティングというのはアメリカの大手格付会社。

なんと30000以上にも及ぶ株式や投資信託・銀行や保険・証券会社の分析を行う。

対象企業からは一切の資金提供を受けず、100%独立したアメリカ唯一の大手格付会社。

 

先程の話では無いですが、有名人が仮想通貨のある銘柄を評価したり貶したりで価格が高騰暴落することってありますよね。

しかし調べるとその人が所持していたり、暴落後に買い集めたりなんていうのもよくある話で。

そういう意味でもワイスレーティングの格付けは世界中で高い評価を得ています。

今回の仮想通貨についても技術面や用途など千以上にも及ぶ視点からの分析が行われるのだとか。

 

この格付の発表によって何が起こるかというと、高い評価を得た仮想通貨の高騰。

もちろん、逆の暴落も起こりえますから自分の持っている仮想通貨が低い評価だとショックですよね。

しかし心配無用、定期的に格付けは変わりますからいつかは評価が上がることも。

例えば仮想通貨には長いスパンで進んでいるプロジェクトも少なくありません。

ですからロードマップを着実に達成したり、実用性の高い段階まで進むと一気に格付けが上がることも考えられます。

 

ということで仮想通貨の新たな時代の幕開けを予感させるワイスレーティングの格付け、是非みなさんも注目してみてくださいね。

 

ちなみに初心者におすすめな情報をこちらの記事で特集していますので合わせて御覧ください。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-知っておきたいあれこれ
-,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.