仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

知っておきたいあれこれ

仮想通貨の話を他人にしてはいけない3つの理由

投稿日:

話したい!けれど・・・

好きなものについてって人に話したくなりますよね。

仮想通貨に関してもそれは同じと言えるのではないでしょうか。

かつては仮想通貨クラスタやビットコイナーという呼び方もあったり、一部の人のものという印象もあった仮想通貨も今では知名度も浸透していますし、話しても通じないという事は少なくなってきたと思います。

 

また、仮想通貨は投資のように運用するという面もありますし、利益が出たなら嬉しいもの。

そうするとやっぱり自慢したくなっちゃうんですよね。

 

でもこういった仮想通貨に関連する話、他人にしちゃうと色々マズいかもしれないのはご存知でしょうか。

仮想通貨を売買する上でリスク管理は必須ですが、今回は現実社会でのリスク管理のためにその理由について特集してみようと思います。

 

 

その1・印象が悪くなる

身近になったとは言っても、まだまだ仮想通貨についてよくわからないという人は多いもの。

わからないものは怖い、というのは人間として当然の感情なんですよね。

しかも、値段の乱高下や詐欺コインの情報なども広まっていますし、わからないどころか良い印象を持たない人も少なくありません。

 

そんな中で仮想通貨の話をするというのはどうなのでしょう。

自分にとっては世界を変える可能性を持つ技術だったり、株や金にも劣らなく世界でも認知されている投資という意識でも、聞き手にとってはそうでない可能性も多分にあります。

怪しいだったりギャンブルだったり、その人が仮想通貨に対して抱いているイメージがそのままあなたの印象になるわけですからこれは喜ばしい事ではありませんよね。

 

 

その2・犯罪に巻き込まれるリスク

先日もとある男性が四人組に一億円分のビットコインを強盗されそうになる事件が報じられましたよね。

今後はこういった事件がどんどん増えると思います。

 

理由としては、仮想通貨というものは犯罪者にとっては格好の獲物であるということが挙げられます。

現金のように銀行に行かなくとも大金を強奪出来ますし、現金のように盗んだ後の隠し場所に困ることもありません。

スマホで操作できる事も多いですし、犯行自体の難易度もかなり低いようです。

 

その対策としてどうすれば良いのか、人に話さなければ良いのです、当然ですが。

私は知人に億単位で利益を得ている人が何人かいるのですが、その殆どは他人に話さないそうです。

人の口に戸は立てられないといいますが、話した知人が何の気なしに話したのを聞いた知人の知人が悪いことを考えないとも限りません。

 

そういう意味ではオフ会も要注意。

多人数だと安心していると、自分以外は全員グルなんてことも・・・。

特にネットでは人格も性格も判断出来ませんし、騙そうと考える人も少なくありません。

くれぐれも慎重を期す事をお勧めします。

 

 

その3・人間関係

宝くじなんかでもそうですが、お金を持っている事を言って回って良いことは無いですよね。

友人に貸してなんて言われて気持ちよく貸せるのも額によるでしょうし、断るとなるとかなりのエネルギーを使うもの。

断ったら断ったで相手からの印象も悪くなるかもしれません。

友人でそうなのですから家族、親戚ならばもっとややこしくなるのではないでしょうか。

 

犯罪に巻き込まれなくとも、人間関係というのは本当に些細な事で壊れしまいます。

しかも悪意がない場合で気持ちがすれ違うなんていうことは珍しくも無いですし。

 

仮想通貨の登場で、現在はある種の過渡期を迎えているのだと思います。

新たな時代には思いもしなかった事態が起こるもの。

今回の特集で少しでも多くの人が慎重な言動をとってくれるようになればと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-知っておきたいあれこれ
-

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.