仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨RCNの将来性や高騰材料は

更新日:

お金と人の新しい関係

お金を使うと言うのは価値を交換することだと思います。

お金、私達が日頃使う日本円というものは一定の価値が保証されており、それを使うことで様々なものを手にするといえるのです。

 

価値を交換するためのものである以上、当面交換するつもりが無いならそのままにしておく手は無いですよね。

必要な人に貸して手数料をとり利益を出す、そんな事が一般人でも出来たらと考えたことはないでしょうか。

昨年は某フリマアプリで現金が出品され問題になりました、これは法律に違反するから。

しかし最近ではソーシャルレンディング、ネット上で借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスも始まっていますし、わたし達とお金の新しい関係が出来つつあるのかもしれません。

 

今回紹介するのはそんなわたし達とお金の関係を劇的に変えるかもしれない仮想通貨です。

 

 

仮想通貨RCNとは

仮想通貨RCNはリプトクレジットネットワーク(Ripio Credit Network)の通貨名。

発行上限は約1億、ビットコインの2100万に比べれば多いですが、XEMの90億やリップルの1000億なんていうのもありますし、仮想通貨の中では少ない部類と言えるかもしれません。

公開日は2017年の9月。

 

リプトクレジットネットワークは世界のどこからでも、どの通貨でも貸し手と借り手を結びつけることを理念にスマートコントラクトとブロックチェーンに基づき構築される信用ネットワークです。

前述したように近年は日本でも貸し借りの新たなネットワーク作りが始まっていますが、リプトクレジットネットワークの場合はそれが世界規模で、様々な通貨間で行われるというから凄い話ですよね。

為替レートや国家間の情勢を飛び越えて繋がる、なんとも夢のある話だと思いませんか。

 

 

RCNの将来性や高騰材料は?

現状、リプトクレジットネットワークにはいくつかの課題が存在します。

貸し手と借り手が存在する話ですから信用情報がブロックチェーンで記載されるわけで、日本ではこういった方式が実現するには時間がかかりそうですよね。

でもそれは日本の話。

もし、海外でサービスが始まり好評となればそれはすなわちRCN高騰の材料となります。

個人的にはこれはかなり現実味がある話だと思うんですよね。

 

また、日本も仮想通貨の取引所や販売所が続々と増え海外からの参入もニュースとして報道されています。

となると扱う仮想通貨の種類も増えるでしょうし、十分日本上場もありうるのではないでしょうか。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

 

なお初心者にオススメな情報をこちらの記事でも特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.