仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨BRDの今後の将来性や高騰材料は

投稿日:

仮想通貨始まってます

現在ビットコインを中心に価格が下落をしており、決していい雰囲気だとは言えませんよね。

しかしそれはあくまで目先の価格の話。

個人的には去年の熱狂ぶりをクールダウンし膿を出しつつ、規制などの利用者保護も進み仮想通貨がどんどん広まっている印象があります。

このまま投機的な中身の無いものは淘汰され、意味と意義のある仮想通貨の選別が進んでいくのではないでしょうか。

 

実際、仮想通貨決済は増えていますし銀行や有名企業などの仮想通貨参入や利用も増えていますよね。

こうなると求められるのがユーザビリティ。

現状では日本円などの通貨に比べると仮想通貨はまだまだ不便な面が多いですよね。

保管をするにも多くの人が取引所を利用しているせいで盗難や消失のリスクを抱えていますし、何かのアクションを起こそうとするとその都度で仮想通貨を移動する必要があります。

 

今回紹介するのは、そんな仮想通貨のユーザビリティを劇的に高める可能性のある仮想通貨BRDについて。

 

 

仮想通貨BRDとは

BRDはBreadの通貨単位。

最大供給量は1億6千万。

後述するのですが、このBRDは利用する機会も多くホールドするメリットもあり、この最大供給量はかなり少ないという印象があります。

 

BreadはモバイルウォレットであるBread Walletの開発チームによって発行されたトークン。

前述したように、現在の仮想通貨ウォレットの多くはユーザビリティが高いとは言えません。

主に預けるためのものである事が多く、使うなどのアクションを起こす際には一旦移動しなければならないんですよね。

 

このBread Walletでは預ける事はもちろん、デビットカード的な支払い機能、給与口座としての振込機能、レンディングなどの金融機能、仮想通貨のエクスロー取引など多くの機能をカバーし分散型金融機関というポジションを目指しています。

もちろん分散型ですから物理的な損失リスクへの耐性も高いと言えますよね。

 

さらに、BRDでの手数料払いの割引や、一定量以上のBRD保有での優待特典などが存在。

このことによりBRDの利用価値、保有価値による需要の増加が見込めます。

 

 

仮想通貨BRDの今後の将来性や高騰材料は

Bread Walletのすごいところは、今年の二月時点ですでに120ヶ国以上でリリースされていて2000億円相当の資産が預けられていたということ。

すでに多くの人に使われ始めている、これは大きい。

仮想通貨、ブロックチェーンを利用したプロジェクトは多いですがリリースまでかなりの時間がかかったり、現状実態がないと言われているものも少なくないんですよね。

前述したようにBDRは利用価値、保有価値が高いですからこのままシェアを広げていけば将来性はかなり期待出来るのではないでしょうか。

 

また、ロードマップが今年のものだけでも盛り沢山ですし、それらがきちんと進んでいけば高騰材料にもどんどん出てきそうです。

 

投資は自己責任、しかしこのBread Walletに魅力を感じるならチェックしてみるのも良いかもしれません。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

なお初心者におすすめな情報をこちらの記事で特集していますので合わせてごらんください。

ビットコインや仮想通貨で複数の取引所を使うメリットは

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.