仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨LRCの今後の将来性や高騰材料は

投稿日:

未来と課題

2018年も折り返しが近付いていますが、仮想通貨について皆さんはどのような印象を持っているでしょうか。

今年に入ってからのインパクトのあるビットコインの下落に仮想通貨終わった、なんて声も幾度と無く聞こえましたが、それは昨年から仮想通貨に足を踏み入れた人たちが多いように思います。

 

そもそも、一年前に比べてもほとんどのコインが高い値段になっていますし、昨年末の狂騒が異常だっただけだと思うんですよね。

仮想通貨自体は決済手段で使われる機会も段々と増えたり、ブロックチェーンを利用したサービスも開発が進んだりと着実に未来に向け歩み続けている印象。

もし終わってしまうのならこの後の規制ラッシュで投機的な側面かもしれません。

 

しかしその未来に向けても多くの課題があります。

今年で言えばあのコインチェックの巨額のコイン流出事件、さらにそれに伴う資産の凍結とも言える販売所にロックされた状態。

こういったコイン盗難やロックされるのは取引所・販売所に預けるからこそのリスクと言えます。

その他にも販売所・取引所のサーバーの状態などによっては不利な取引を強いられる事も珍しくないですし、大きな課題と言えるのではないでしょうか。

 

今回はそんな課題を解決するかもしれない仮想通貨LRCについての話題です。

 

 

仮想通貨LRCとは

LRCはLoopringの通貨単位。

最大供給量は約14億。

 

Loopringは分散型自動取引システム。

前述しましたように、私達が仮想通貨を扱う上で取引所を利用するのには大きなリスクがあります。

流出や盗難、取引所の倒産により資産を失う事もあるでしょう。

取引を依存している以上その手数料も高額になりますし、取引自体がフェアでは無いと感じる事も少なくないと思います。

 

Loopringではこの取引を、ウォレットに入れたままで行うことが出来るというのが最大の特徴。

オーダーをリングのようにつなげ、このループを利用して最適な取引を実現します。

ゲーム理論を応用しトレードの最適化を図り、分散型ですから物理的なクラッシュやハッキングに対する耐性も高いものになるんですよ。

 

 

仮想通貨LRCの今後の将来性や高騰材料は

とても素晴らしいもの感じるLoopringですが、ホワイトペーパーなどを見ていてもいまいち詳細な説明と感じられない場面が多々ある印象。

ロードマップについても長期でわかりやすいとは言えないんですよね。

しかし、それだけに開発が進み目処が立ち、情報として公開されれば高騰材料になりそうな予感。

分散型取引所が注目を集めているように、Loopringもまた今後の仮想通貨の大きな可能性の一つだと思います。

 

もちろん投資は自己責任です。

まだまだこれからなLRCに魅力を感じるなら買ってみるのも面白いのではないでしょうか。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

ちなみに初心者におすすめな情報をこちらの記事でも紹介していますので是非チェックしてみてくださいね。

ビットコインや仮想通貨で複数の取引所を使うメリットは

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-, ,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.