仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

トロンTRXの高騰材料は日本上場にロックアップバーン!?

更新日:

アルトコインの選び方

最近ではビットコインの話題をテレビで目にする事も多くなり、仮想通貨の浸透ぶりも実感出来るレベルになっていると言えるのではないでしょうか。

しかしそれは一般層の話、日頃から仮想通貨の情報にアンテナを高くしている人の多くにとっては次に高騰する草コイン探しが興味の対象だったりするんですよね。

 

とかく仕手などのpumpが目立つアルトコインの高騰、しかしきちんとした材料に基づくものがあるのも事実で、逆に言えば材料から予想することが出来ます。

という事で、今回は私が個人的に材料満載で高騰が期待できるアルトコインのトロン(TRX)について特集してみたいと思います。

前置きとして、これはあくまで個人的な分析に基づき予想したものです。

当然私は買っていますが、今回の記事を基にトロンを購入し損失が発生しても責任は取れませんのでご了承下さい。

投資はあくまで自己責任、予想がはずれても私が責任をとるのは私の資産についてだけということで。

 

 

そもそも仮想通貨トロン(TRX)って?

仮想通貨トロン(TRX)は2017年に公開された仮想通貨。

最大供給量は1000億、この数字を見るとリップルを連想するのは私だけではないはず。

もちろん供給量は少ないに越した事は無いと思うのですが、ビットコインを見ていれば分かるように少ないからこそ起こる混乱というのもあるんですよね。

個人的には今後の仮想通貨において、投機のみならず広い視点で見れば供給量の多さはイコールマイナスを意味することは無いと考えます。

 

トロンがリリースされたのは、世界中の誰もが無料で楽しめるエンターテイメントの構築を目的として。

創始者のジャスティンは音楽ストリーミングサービスPeiwoのCEOでもあります。

特徴は分散型ストレージ、世界中のサーバを繋げて大規模な仮想ストレージを構築。

これによりいくつかのサーバがダウンしても復旧は容易ですし、メモリの拡張も容易に行えます。

安全に多くの人がコンテンツをアップすることが出来るわけですね。

 

 

日本上場が高騰の鍵!?

最近、熱い注目を集めたのが創始者であるジャスティンのこのTweet。


日本での取引所上場は近いよ、ともとれる内容なんですよね。

また、以前に生配信で日本への上場に言及したこともありました。

 

ただ、日本への上場には金融庁のホワイトリストにのる必要がありますし、どこまでの近さかというのは不明なのも事実。

リスクコインも結構な時間がかかっていますし。

個人的にはトロンなら結構すんなり通るのではと考えているのですが。

 

 

高騰材料と言えばロックアップにバーン

前述したように、トロンは1000億枚の供給量を持ちます。

しかし、最大保有者が約4割にも及ぶロックアップを2020年までという期限付きではありますが表明しました。

ちなみにリップルは半数のロックアップですが、月に10億枚の解除がありますから一年後には同じくらいの数になる予感。

 

さらに、トロンは2018年早々のバーン(焼却)が噂されています。

その数は20%にも及ぶとされ、これが実現すればロックアップと合わせると半数以下に流通量が減ることに。

実現すれば、ですが。

 

トロンは今後コンテンツ制作者のトークン発行もサポートする計画があります。

モナコインやXCPなどでトークン発行といえばバーンですよね、そして供給量の低下による価値の上昇。

トロンのトークン発行が実装されるまではわかりませんが、その可能性もゼロでは無いかも・・・?

 

その他にも先日は世界中に1000万人もの会員を持つObikeとの提携を発表しましたし、この活発さも期待できる好材料。

アルトコインの多くは一体何してんの?って考えちゃうものばかりですから。

今後の値動きに期待しつつ、私はガチホでいこうと思います。

 

 

なお初心者にオススメな情報をこちらで特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-, , ,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.