仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨CLOAKの今後の将来性や高騰材料は

投稿日:

匿名系仮想通貨の時代がやってくる!?

目先の価格に右往左往されている感じが否めない仮想通貨、今年に入っての短い期間ですらもう終わるのではと言われてみたり、仮想通貨の時代がやってきたと言われたりしていますよね。

しかしこれらは投機的な視点に過ぎず、仮想通貨自体は確実に浸透し新たな時代を築こうとしています。

日本にしても徐々にではありますが法整備も進み、金融庁も基準作りに本腰を上げている印象。

世界的に規制のニュースが目立つのは、潰すためでは無くてリスクを排除して付き合っていくためだったりします。

 

そんな中で日本でも注目を集めているのが匿名系の仮想通貨。

すでにDASHなどが日本の取引所でも扱われていますが、取引が出来なくなるのではとも言われています。

中には金融庁のホワイトリストから排除する基準が匿名系なのではという憶測も。

 

これは、匿名系仮想通貨というものは送り手や受け手が特定できないために犯罪の温床になるのではという観点がもとになっています。

しかし、裏返せば自分が誰に送ったのか、誰に送られたのか、さらには自分の保有しているコインの数までが筒抜けになるというプライバシー漏洩のリスクから守ってくれるという一面も。

最近ではコインの資産家を狙った犯罪も増えていますからリスク回避というメリットは大きいですよね。

実際、世界的に見ると匿名化の需要は年々高まり熱い注目を集めています。

このまま日本が匿名系を排除する流れが続けばガラパゴス化する危険性もあるかもしれません。

 

今回はそんな匿名系仮想通貨からCLOAKについて紹介してみたいと思います。

 

 

仮想通貨CLOAKとは

CLOAKはCloakCoinの通貨単位。

供給量については現在600万にも満たず、かなり少ない部類に入ります。

供給量が少ないということは需要が高まれば一気に高騰する期待が出てきますよね。

 

CloakCoinは匿名系の仮想通貨。

独自で高度なCloakCoin-ENIGMAという取引システムを利用しているのが最大の特徴で、これにより追跡やハッキングに対する耐性を高めています。

また、ブロック生成やトランザクションを待つことも無い高速の取引も見逃せません。

 

さらに、POSシステムを採用しておりステイクにより年間6%の報酬がつくのも人気の秘密。

POSのコインって値段に期待が持てるんですよね。

あくまで個人の感想ですが。

 

また、オープンソースですからシステムの変更や改善状況をチェックできるのも詳しい人には大きいかもしれません。

 

 

仮想通貨CLOAKの高騰材料や今後の将来性は

CLOAKは匿名系の仮想通貨だけに、将来性は今後の世界の仮想通貨との付き合い方にかかっていると言えるかもしれません。

全世界が足並みを揃えて排除するというなら暗いでしょうが、それはならないと思うんですよね。

前述したように匿名系には匿名系ならではのメリットがありますし、完全に規制というのは乱暴な気がしています。

とはいえあくまで個人的な感想ですし、今後も仮想通貨に関するニュースの中に今後の行方のヒントを探すことになりそうですね。

ただ、XVGなどがそうですが匿名系ならではの採用企業などもありますから高騰材料も様々なものが予想されるのではないでしょうか。

 

投資は自己責任です。

匿名系仮想通貨は現時点では人気のもので、この先もその流れが続くと思うのならチェックしてみるのも良いかもしれません。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

なお初心者にオススメな情報をこちらの記事で特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

ビットコインや仮想通貨で複数の取引所を使うメリットは

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-, ,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.