仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨MCO/モナコの高騰材料や今後の将来性は

投稿日:

仮想通貨、すげーんすよ

好調に見えたビットコインも現在はチャートが骨折したかのように下値を探る状態。

先週までポカポカ陽気に強気だった人も不安になっているのではないでしょうか。

しかし、わずか一ヶ月前くらいにも仮想通貨は終わったなんて言われるほどにお通夜ムードだったわけで、目先の価格に一喜一憂しても意味ないんですよね。

 

そもそも仮想通貨は終わりません。

それは多くの革新的な技術やサービスが溢れているからなのですが、その中の一つに決済などもあげられます。

例えば日本では考えられないかもしれませんが、世界には自分の銀行口座すら持てないという人も大勢います。

銀行口座が持てないということはクレジットカードも作れませんし、キャッシュレスな時代がやってくるなんて言ったところでカバーしきれない層というのは確かに存在するんですよね。

そういう面でも決済で利用できる仮想通貨というのは大きな可能性を秘めていると思うのです。

 

今回紹介するのは、そんな決済系仮想通貨で熱い注目を集める仮想通貨Mについて。

 

 

仮想通貨MCOとは

MCOはMonaco(モナコ)の通貨単位。

当然ではありますが、国産仮想通貨モナコインとは関係ありません。

でも海外の人にしてみれば紛らわしいのかも。

 

最大供給量は約3160万枚。

これはかなり少ないですよね。

最近の草コインブームなどは数百億枚というのもざらですし。

ビットコインが2100万枚ですから、ゆくゆくは・・・なんて期待感も。実際にはあそこまでというのは難しいのですが。

 

Monacoは決済プラットフォーム。

代表的な機能としてはデビットカードがあげられます。

世界中であのVISA加盟店で利用できることを目指しており、しかもチャージを仮想通貨を使って手軽にというのですから便利ですよね。

 

そして実質為替レートでの換金ができるというのも注目。

銀行で行う場合には結構な手数料をとられますから嬉しい反面、銀行にしてみれば危機と言えるかもしれません。

 

そして、決済などで利用すると最大2%のバックがあるのも見逃せません。

このバックはMCOで付与されるということで、流動性を保つことにもなりそうです。

 

 

仮想通貨MCOの高騰材料や今後の将来性は

Monacoの将来性を決めるのは、やはりシェアをどれだけとれるかということ。

市場規模は大きいですから早い段階で多くの人に利用されれば将来性は抜群といえそうです。

また、利用される機会が増えればそれだけ課題も出てくるでしょうがその課題を解決することで高騰材料になると思います。

もちろん、今後の開発状況や新機能なども材料になりますよね。

 

投資は自己責任です。

しかし、この新たな可能性に魅力を感じるならMCOをチェックしてみるのも良いかもしれません。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

なお初心者にオススメな情報をこちらも記事で特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

ビットコインや仮想通貨で複数の取引所を使うメリットは

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.