仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨CMTの今後の将来性や高騰材料は

投稿日:

仮想じゃない仮想通貨

現在、ビットコインは10000ドルを突破しようかという段階で、かなりの過熱感を感じています。

ほんの一月前は70万円付近で底を探ってお通夜ムードでしたから本当にすごい変わりようですよね。

変わりようと言えば仮想通貨終わったなんて言っていた人の手のひら返しもねじ切れんばかり、新たな資金流入の存在を日に日に実感しています。

 

こうなると新たな投資先を探す人も多くなってきますよね。

仮想通貨というものは次代の技術やサービスを開発するプロジェクトも多く、それだけに目移りするのは私だけでは無いはず。

その反面、開発のプロダクトやホワイトペーパーから判断するしかないものも少なくありません。

もしそれが実現するなら良いのですが、実際には開発が途中で止まってしまうのも・・・。

 

当然、わたし達も投資する以上は下調べするわけで、そのプロジェクトに関わっている人物やロードマップなどから怪しいコインは避けます。

しかし、スキャムでなく本気で志していたものも頓挫することがあるわけで、ある意味そういったリスクとどう付き合うかが最大の課題と言えるかもしれません。

そしてそのリスクを回避する有効な手段、それは実際にリリースされて利用されているコインに投資すること。

仮想通貨ながら実際に動いているものって強いんですよね。

 

今回紹介するのは、そんな仮想通貨の一つCMTについて。

 

 

仮想通貨CMTとは

CMTはCyberMiles(サイバーマイルズ)の通貨単位。

最大供給量は10億。

後述する内容で利用されているとなると、かなり少ない印象。

 

CyberMilesはオンラインマーケットに特化したプラットフォーム。

しかもスマートコントラクトに対応、これが凄い。

 

スマートコントラクトというのは自動契約とも訳されます。

例えば、わたし達がネットショッピングで何かを買うとします。

すると購入サイトでの受注、その受注は販売者へ通知され処理、それと同時に決済のために別の業者への通知や処理などが行われます。

手間が増えることや時間がかかることはもちろん、情報が移動する機会の多さから漏洩のリスク、情報が渡る相手の多さから悪用されるリスクなども出てくるんですね。

それがスマートコントラクトならば自動的に処理され、コストダウンにリスクの低減と多くのメリットがあります。

 

ブロックチェーンでの記録などによる運用ですからセキュリティが強いのはかなりのメリット。

顧客情報流出、なんて不祥事も日に日に多くなってきていますし、世界が必要としているサービスと言えるのではないでしょうか。

 

 

仮想通貨CMTの今後の将来性や高騰材料は

前述したように、このCyberMilesはすでにリリースされているプラットフォームです。

それはメルカリに似たアプリケーション5milesなのですが、今後もこのプラットフォームでのリリースは続く可能性が高いと思います。

楽天やAmazonが実際の店舗の経営を脅かしているのはご存知の通りですよね。

しかし、そこに出店するとなると多くの制約に多額の資金が必要となります。

もし、そこのハードルが取り払われるというのならそこにはかなりの需要があるのではないでしょうか。

このCyberMilesというプラットフォームを利用するオンラインマーケットが増えれば増えるほど、高騰材料となりそうです。

 

もちろん投資は自己責任。

ただ、オンラインマーケットプレイスというのは間違いなく伸びる分野であり、その一角を担う可能性に賭けてみるのも面白いかもしれません。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

なお初心者にオススメな情報をこちらの記事で特集していますので合わせてチェックしてみて下さいね。

ビットコインや仮想通貨で複数の取引所を使うメリットは

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.