仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨BTSの今後の将来性や高騰材料は

投稿日:

仮想通貨たるゆえん

仮想通貨といえばビットコイン、というくらいに有名なのですが、もちろんそれ以外にも多くの仮想通貨が存在します。

例えばイーサリアムはスマートコントラクトにより様々な業界に新たな取引環境をもたらしますし、新たなウェブブラウザの在り方を提案するBATなど様々な革新的な発想や技術に溢れているんですよね。

それでもなお、仮想通貨という名前が使われているのはそれだけの通貨的なインパクトがあったからなのだと思います。

 

皆さんはお金や通貨について考えたことがあるでしょうか。

それらには多くの側面があるのですが、個人的には一言で言えば〈価値を交換・移動する〉というのが大きな特性だと思います。

働いたという価値を食べ物という価値に交換する、日本での意味のある価値を外国に移動する。

一見シンプルに見えるのですが、そこには様々なリスクや難しさがあり、それゆえにこれまでは複雑なシステムのしがらみの上で成り立っていました。

例えば通貨というものは国や統治主体が発行するもので、それはある意味で国や統治者がその価値を保証したり担保するから。

なんの保証も無いものはもはや価値とは言えませんよね。

 

それだけに、ビットコインに代表される仮想通貨は大きな衝撃を与えました。

非中央集権的(様々な意見はあると思いますが・・・)な立場でありながら価値が保証され、交換も移動も既存の通貨に比べれば段違いにスピーディーで簡単。

各国の銀行などからしてみればたまったもんじゃないという意見もあるようですが、この新たな価値の在り方は今後も様々な可能性を実現していくことと思います。

 

今回紹介するのは、そんな仮想通貨でも現在熱い注目を集めているBTSについて。

 

 

仮想通貨BTSとは

BTSはBitShares(ビットシェアーズ)の通貨単位。

最大供給量は37億。

一見多い数字にも見せますが、最大供給量2100万のビットコインが小数点以下にゼロをずらっと並べた単位がまかり通っているのですからそんなに多い数字では無いと思います。

 

BitSharesは分散型金融プラットフォーム。

一般的に金融というのは資金余剰者から不足者へ融通することですが、ここでの金融はシンプルな価値の移動に近い印象があります。

金融機関や企業、個人の送金や両替のハブとなる事を目指しているのがBitSharesなんですね。

 

その特徴としてはOpenLedgerという仮想通貨プラットフォーム(取引所だと思ってもらっても良いと思います)が採用されていること。

もちろん非中央集権ですから運営による横領などのリスクはありませんし、通貨の記録はブロックチェーンですからハッキングへの耐性も高いと言えます。

このOpenLedgerではBTSの売買に限らず、BTSのアメリカドルへの両替も可能なんですよ。

 

また、スマートコインの存在にも注目。

このスマートコインはそれぞれが1BTS以上の価値があり、一ドルの価値を持つbitUSD、一円の価値を持つbitJPYなど複数の種類が存在。

これによりBTSの価値が高い時はBTSに、下落中はスマートコインにといった運用も可能にしています。

 

 

仮想通貨BTSの今後の将来性や高騰材料は

今回紹介したBitSharesのようなプラットフォームというのは、仮想通貨の世界では幾つも存在します。

そんな中で将来性を占うのは、やはりいかにシェアを獲得するかではないでしょうか。

そのためにはさらなるサービスの充実や利便性の高いUIなど開発者にかかっていると言えるかもしれません。

スマートコインなど魅力的なものも多いですし、認知が進めばある時点で一気にシェアを増やす気もするのですが。

大手の企業などが提携したり利用するような事があれば高騰材料にもなりそうです。

 

投資は自己責任ですが、今後の金融や送金など次世代の価値の交換や移動に可能性を感じるのならチェックしてみるのも良いかもしれません。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

なお初心者にオススメな情報をこちらの記事で特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

ビットコインや仮想通貨で複数の取引所を使うメリットは

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-, ,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.