仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨ICXの今後の将来性や高騰材料は

更新日:

群雄割拠のスマートコントラクト

現在はビットコインも百万円を超え、少し仮想通貨界隈も元気になりつつあります。

少し前まで仮想通貨は終わった、なんて言っていた人たちも手のひらを返し始めていますし、資金流入もどんどん増えていっている印象。

そもそも仮想通貨は終わりませんからね。

投機として見ているなら目先の価格変動に一喜一憂し、絶望的な気持ちになるとそういった言葉が出てくるのもわかりますが。

今後の生活を変えるような技術やシステムに溢れる仮想通貨、ますます注目度を高めるものと信じています。

 

そんな技術やシステムで、代表的なものといえばスマートコントラクトではないでしょうか。

簡単に訳すと自動契約、これまで踏んでいた煩わしい手順や時間消費から開放される画期的なもので、様々な分野での活用が期待されています。

仮想通貨ではETHやNEO、LSKが代表的なものとして知られていますよね。

しかし頭一つ抜けていると言われているETHもまだまだこれからですし、群雄割拠の様相を呈していますからまだまだ覇者が決まっているとは言えない状況。

 

今回紹介するのは、このスマートコントラクトでも熱い注目を集めている仮想通貨ICXについて。

 

 

仮想通貨ICXとは

ICXはICON(アイコン)の通貨単位。

最大供給量は約4億。

 

ICONは韓国でのICOにより公開されたプラットフォーム。

このICONには幾つかの特徴があります。

例えばコンセンサスのアルゴリズムにLFTを採用、このLFTは信頼出来るノード間でグループを作ることで高速なコンセンサスを実現します。

また、AIONなどとのブロックチェーン連携で異なるブロックチェーン感での相互運用を可能に。

基本的には異なるブロックチェーン感でのデータなどのやりとりは難しいもの、これはかなりの強みという印象。

その他にも独自の使いやすいWALLET IDや信頼性の高く平等なコミュニティシステムなども見逃せません。

 

 

仮想通貨ICXの今後の将来性や高騰材料は

このICXの注目するべき点は、病院や大学、証券会社などが提携済みであるということ。

実験、というと言葉が悪いかもしれませんがスマートコントラクトのシステムの有用性を証明するには適した分野の提携先だと思いますし、病院や大学などが使用したとなれば一般企業にも大きなインパクトがありますよね。

また、韓国というのは独特のナショナリズムでも知られています。

この強い結束で一気に推進知れば将来性もかなり明るいのではないでしょうか。

日本も独自のプラットフォームでスマートコントラクトを国内企業がなんてなれば良いのですが。

高騰材料としてはICX発のスマートコントラクトが大手企業に採用されるなどのニュース、大手取引所への上場などが予想されます。

 

投資は自己責任、しかしスマートコントラクトなどに興味があればチェックしてみるのも面白いのではないでしょうか。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

なお初心者にオススメな情報をこちらの記事で特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

ビットコインや仮想通貨で複数の取引所を使うメリットは

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-, ,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.