仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨EDOの高騰材料や今後の将来性は

投稿日:

実際に使える仮想通貨へ

ビットコインの暴落が起こるたびに仮想通貨終わったなんていう言葉は聞こえてくるわけで、流行する前から接している身としてはだったら仮想通貨は何回終われば良いのだという気もしてしまいます。

きっとそういった言葉を使う人というのは仮想通貨が実態も価値も無いものだと思っているのでしょうね。

そこには技術やサービスなどで代替えのきかないものが多く存在しており、それを知れば簡単に終わるとは思わないと思うのですが。

実際、本日もサマンサタバサがビットコインの決済サービスを開始しましたし、どんどん広がる決済可能店舗なども未来がないと判断していないからこそだと思います。

 

とはいえ、実際に利用するにはまだまだ不便な面が多いのも確か。

例えば仮想通貨には多くの種類があり、それらを管理するにはウォレットやアドレスを複数管理しなければならないことも少なくないですし、利用するのもそれぞれで操作するのも煩わしいんですよね。

でもそれらが一つのアプリで管理出来るとしたら。

今回はそんな未来の実現に大きな役割を果たすかも知れない仮想通貨EDOについてです。

 

 

仮想通貨EDOとは

EDOはEidooの通貨単位。

最大供給量は約9000万、これはかなり少ない数といえるのではないでしょうか。

そもそも、最近のICOブームなどで膨大な最大供給量のものが目立ちますよね。

これらは時価総額が高くなるのを狙ったもので、軌道に乗るとバーンするのが当初から決まっているのもあるのだとか。

信用度という意味でも、最大供給量には注目するのも良いかもしれません。

 

Eidooはユーザとブロックチェーンのインターフェイス。

インターフェイスというのは境界という意味があり、ブロックチェーンと接する上で快適になるようにという未来を目指すもの。

スマートフォンなどでも利用できるアプリでERC20系などのトークンを管理したり使用することが出来たら素敵ですよね。

しかも全てでは無いにしろ多くの仮想通貨のアドレスを一つに出来るというのですからこれは便利。

また、分散型取引所のような機能の実装を予定しており、アトミックスワップを導入予定なのだとか。

先日モナコインのアトミックスワップが成功したことが話題になりましたが、もしかしたらとんでもなく多くの仮想通貨に対応する未来もあるかもしれません。

 

 

仮想通貨EDOの今後の将来性は高騰材料は

現在はイーサリアムやイーサベースの仮想通貨に対応しているEidoo。

今後はビットコインやライトコインなどの統合も予定しているのだとか。

Eidoo自体が便利になるのはもちろんですが、こういった統合される仮想通貨が増えれば増えるほどに高騰材料となりそうです。

そしてその種類の多さこそがEidooの今後の将来性を占うと言えるのではないでしょうか。

 

投資はもちろん自己責任です。

しかしこういった今後の利便性に可能性を感じるものも、余裕があれば買ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

なお初心者におすすめな情報をこちらの記事で特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-, ,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.