仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

IOT特化!?仮想通貨NCASHの今後の将来性や高騰材料は

投稿日:

IOTの時代がやってくる

今やわたし達の生活になくては無くてはならないスマートフォン、しかしその歴史はとても浅いもの。

例えば携帯電話が開発されてから一般人のものとして普及を始めたのが1990年代なかば。

そこから20年ほどの間に小型化されメール機能が付き、液晶はカラーになりカメラ機能、インターネット機能が付きます。

さらには携帯電話に様々な機能がついていた時代から高性能端末に電話機能がついている現在のスマートフォンへと至るわけですね。

 

たった20年、しかしその以前にはどのような生活が送られていたのかわからないほど。

友人に連絡するのにどれだけ手間だったか、出先で調べごとをするのにどれだけ大変だったか。

しかしそういった生活が実際にはあったわけで、それらが想像できないほどに今が便利になっていると言えるかもしれません。

 

このようにわたし達の毎日は、後に大きな変革をもたらす技術や物が日々生まれているのだと思います。

そんな中で現在、大きな注目を集めているのがIOT。

これはInternet of Thingsの略で、様々なものがインターネットで繋がる事を指します。

例えばエアコンがインターネットに繋がり自動で作動したり、車もインターネットに繋がる事でさらなる利便性をみせるでしょう。

様々な物がインターネットで繋がる、曖昧な表現かもしれませんが、それだけ多くの可能性を秘めているのがIOTなのです。

 

今回紹介するのは、そんなIOTで大きな役割を果たすかもしれない仮想通貨NCASHです。

 

 

仮想通貨NCASHとは

NCASHはNucleus Visionの通貨単位。

最大供給量は100億。

現在の時価総額上位、メジャーアルトコインの中ではXEMに近いかもしれません。

だからといってその性質が違う以上同じような単価になるわけではありませんが、それはIOTに注目が集まる昨今、XEMを上回る可能性もあると思います。

 

Nucleus Visionはブロックチェーンとリアムタイムセンサー技術を利用したエンドツーエンドのテクノロジーソリューション。

エンドツーエンドというのは直訳すると端から端までという意味なのですが、ネットワーク分野ではデータ通信間の経路全体を指します。

 

買い物をする時にはお店にいきますよね。

この時、お店には誰かが来たという情報しかありません。

しかし、Nucleus Visionを使えば性別や購入履歴など詳しい情報が得られるんですね。

これによって店舗はどのようなものを勧めたら良いか判断できますし、訪店者も興味がないものを進められる煩わしさや時間のロスから開放されます。

 

その他にも、こういった情報をセキュリティを連動させれば店舗にしろ居住エリアにしろリスク回避が出来ます。

さらに、店舗だけでなくエリアごとの消費者の属性などがビッグデータとして抽出できれば大きなビジネスチャンスを呼ぶでしょう。

 

 

NCASHの今後の将来性や高騰材料は

日本ではIOTというとスマートホームに代表されるような日常生活に関連したイメージが強いですよね。

しかし世界ではこのようにもっと広い視野でIOTが注目されており、それだけにNCASHの将来性にも大きな可能性を感じます。

現在は試験的に10の店舗で運用されているようですが、その結果や運用が広がることも高騰材料となりそうです。

インテルやVodafoneがパートナーになっていることも可能性を感じますよね。

 

もちろん投資は自己責任ですが、こういった将来性を期待されるジャンルの仮想通貨を買ってみるのも面白いかもしれません。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

なお初心者におすすめな情報をこちらの記事で特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.