仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨WTCの今後の将来性や高騰材料は

投稿日:

次の未来は

何年か前に、SF映画の金字塔『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』において劇中で訪れた未来と同じ年になったことが話題になりましたよね。

ホログラムやホバーボードなど当時は夢物語として描かれた技術やガジェットの多くが現実のものになっている事がニュースになりましたから、それを目にした人も多いのではないでしょうか。

 

このように、わたし達が暮らしている中で日々現れる技術などは、当然最先端なのですが徐々に浸透していくためにあまり魔法かのような驚きというのは受けないんですよね。

それでもスマートフォンに代表されるような生活を劇的に買えたものは多く存在しますし、こうして未来というのは日々現実になり、さらなる未来を夢想するのだと思います。

 

そんなわたし達の生活を劇的に変えたものの一つにRFID(Radio Frequency Identifier)というものがあります。

この名前では聞いた事がないかもしれませんがSuicaやFeliCa、回転寿司の自動計算システムなんかもRFIDが使われているんですよ。

ICタグなどのチップを通じて情報を管理するもので、読み取りだけで無く書き込み・削除・更新が出来て非接触での通信が出来るのも大きな特徴。

現在すでにわたし達の生活になくてはならないものとなっているRFID、実は仮想通貨でも注目を集めているのはご存知でしょうか。

 

 

仮想通貨WCTとは

WCTはWaltonの通貨単位。

最大供給量は1億。

モナコインと同じくらい、この数字は仮想通貨の中で決して多い数字ではないと思います。

 

WaltonというのはRFID技術を生み出したCharlie Waltonの名前からきています。

前述したようにRFIDはわたし達の生活に無くてはならないものとなっています。

SuicaやFeliCaなどはもちろんですが、普段意識しない物流倉庫などでも商品管理に利用されたりとまさに画期的な技術として浸透しているんですよ。

 

ではこのRFIDとブロックチェーンが融合することで何が起こるのか。

ブロックチェーンと言えば情報の改ざんや漏洩に強い事で知られていますよね。

分散型台帳技術で情報の保守性にも優れますし、これまでのRFIDに比べ扱う情報の重要度が増す分野での活用が期待されます。

例えばこれからの分野であると言われるIOT。

インターネットを通じて家電など様々なものが繋がるこの分野、個人情報もそうですし、ブロックチェーンを利用したRFIDの技術というのはさらにIOTを進んだものへとする可能性と秘めていると思います。

 

 

仮想通貨WTCの今後の将来性や高騰材料は

RFIDが現在無くてはならないものとなっており、今後も様々な分野で活用が広がる事を考えるとその未来は明るいと言えますよね。

となるとWTCについてもやはりその将来性はかなり期待できるものとなるのではないでしょうか。

仮想通貨はもちろん、家電などIOTに関する情報からも高騰材料が飛び出してくるかもしれません。

 

もちろん投資は自己責任、その中で魅力を感じるなら買ってみるのも良いかもしれません。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

なお初心者におすすめな情報をこちらの記事で特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.