仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨FUELの今後の将来性や高騰材料は

更新日:

仮想通貨で変わる世界

定期的に(?)起こるビットコインの暴落などのたびに、仮想通貨は終わりだなんて言い出す人がいますよね。

一体何回終われば良いのかと。

もちろん私は仮想通貨は終わらないと思います。

 

仮想通貨という呼び方はある種の記号で、その中には様々な技術やアイデアが詰まっています。

マイクロファイナンスの実現を目指すEVX、国際送金を変革するXRPなど意義あるものや可能性が詰まっているものも多く、そういったものがビットコインの価格いかんで終わるはずがないんですね。

 

そんな未来を変える技術やアイデアの中で、一際有名なのがスマートコントラクト。

スマートコントラクトというのは一言で言うと自動契約、自動販売機に例えられる事が多いですよね。

コンビニでジュースを買う時には店員が介在するけれど、自動販売機ならお金を入れてボタンを押すだけ。

 

これがジュースならまだ単純で、例えば携帯電話会社との契約なら信用情報などもあり様々なステップが加わり、他のものでは第三者がさらに増える場合も。

スマートコントラクトならそういった第三者が入る必要が無くなり、コストカットやセキュリティの強化、スピード化が期待できる。これは大きな変革です。

 

しかし、このスマートコントラクトはまだまだ一般の人々のものではまだありません。

スマートコントラクトを利用したアプリケーションを開発しようとするとプログラミングの知識や専門のソフトウェアが必要だったりと敷居が高いものになっているんですね。

ではもしこのスマートコントラクトが気軽に利用できるとしたら。

今回はそんな魅力的なもしもを実現するかもしれない仮想通貨FUELです。

 

 

仮想通貨FUELとは

FUELはEtherparty(イーサパーティ)の通貨単位。

最大供給量は10億。

 

Etherpartyはプログラミング知識や特殊なソフトウェア無しでスマートコントラクトを作成することを実現させるためのもの。

イメージとしてはEtherpartyのプラットフォームにアクセスし、そこでスマートコントラクトを作成するというもの。

しかも直感的とも言える操作で簡単にというのですからすごいですよね。

 

 

仮想通貨FUELの今後の将来性や高騰材料は?

FUELの凄いところは、詳細なロードマップ・開発計画が開示されていること。

これにより進捗状況をチェックすることが出来ますから投資目的の人にも目安になりやすいですよね。

また、この計画が着実に進むことで高騰材料となるものも判断しやすいのも魅力の一つ。

今後の将来性についても期待感が持てるのではないでしょうか。

もちろん、開発計画が送れるていると逆の材料になるのですが。

また、大手の取引所への上場も高騰材料として期待したいですよね。

 

一般的にはまだまだ知名度の低いスマートコントラクト。

それだけに、一般的に注目された時はかなりの爆発力が期待できるのがFUEL。

投資はあくまで自己責任、少なくともアンテナを張っておく価値はあるのではないでしょうか。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

 

なお初心者にオススメな情報をこちらの記事で特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-, ,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.