仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨NANOの今後の将来性や高騰材料は

更新日:

ブロックチェーンの次は

仮想通貨の代名詞と言えばBitcoinですよね。

まだまだ浸透していない一般層の中には仮想通貨といえばBitcoin、Bitcoinといえば仮想通貨と認識している人も多いようです。

確かにBitcoinの与えた衝撃というのは大きく、それは何も投資や投機面での話題性だけではありません。

 

Bitcoinが世間に知らしめた大きな可能性、それがブロックチェーンだと思います。

このブロックチェーン、分散型台帳技術とも言われるもので、分散して台帳を管理記述するというもの。

これによりそれぞれがそれぞれを保証するという非中央集権的システムへも光を当てましたし、仮想通貨外でも様々なイノベーションを起こしています。

 

ただ、利用されればされるほどに弱点や改善点が見つかっているのも事実。

例えばBitcoinはProof of Workを採用しているのですが、電気代などのコストに報酬という富の分配の不公平、51%アタックの危険性もありますし、スケーラビリティの問題などもあるんですよね。

 

そういう面もあり、仮想通貨の世界ではブロックチェーンの弱点を克服するべく新たな技術というのも出てきているのですが、今回はそんな仮想通貨の一つNANOについて特集してみたいと思います。

 

 

仮想通貨NANOとは

そもそも仮想通貨NANOは、RaiBlocks(ライブロックス)通貨名XRBがリブランディングしたもの。

XRBよりもNANOの方がかわいくて覚えやすい気がするのは私だけでしょうか。

最大供給量は約3億4千万。

 

NANOが採用しているDAGは昨年から大きな話題になっているIOTAなどが採用していることでも知られています。

厳密にはコンセンサスの達成の仕方が違ったりはするのですが。

 

このDAGは前述したようにProof of Workの問題点を幾つか改善したものであると言われています。

例えば承認をマイナーが担うわけではありませんから手数料は発生しませんし、多量のトランザクションを処理できスケーラビリティの問題も解決。

とはいえまだまだ歴史が浅いためこれから思いもよらない弱点が出て来る可能性もあるかもしれません。

 

 

仮想通貨NANOの今後の将来性や高騰材料は

こういった仮想通貨はやはり利用されてこそ。

手数料はかかりません、トランザクションは早いですとなると飛びつきたくなるのは私だけではないはず。

ここ半年ほどでしょうか、Bitcoinもイーサリアムも送金づまりが重なり何で移せばいいんだという経験を度々しています。

そういう時にRippleやlitecoinという選択肢もあるのですが、送り先が対応していないこともしばしば。

NANOもまた取り扱い取引所も少ないですから、取引所への上場が高騰材料になるのではないでしょうか。

先日もバイナンスに上場しましたし、今後の大手取引所への上場も期待できると思います。

そしてDAGもこれからのものですが、需要が増え利用されるにしたがって問題点がみつかるのかどうかも今後の将来性を左右しそうです。

 

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

 

なお初心者にオススメな情報をこちらの記事で紹介していますので是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-, ,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.