仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨メタルMTLの今後の将来性や高騰材料は

更新日:

仮想通貨は誰のもの

現在は絶賛ビットコイン暴落中で嵐の中に放り込まれたような気持ちの人もいるかもしれません。

これを機とばかりに仕掛ける大口の仕手もいますし、某国に至っては規制情報の前後で担当省庁の役人が仮想通貨の売買をしていたことが発覚するなど仮想通貨そのものの信用を落とすような事も頻繁に起こっています。

 

当然ですがこういった事は好ましくありません。

そもそも仮想通貨の殆どは、既存の技術やシステムではすくい取れなかったニーズを補うものと言えます。

便利にするための物が、一部の人間のマネーゲームで使用しづらくなるというのはあんまりではないでしょうか。

 

例えばOMGなどの決済系の仮想通貨は東南アジアを中心に多くの人の生活に貢献しています。

というのも、日本ではわかりにくい感覚ですが銀行口座を開くことすら難しい人が大勢いるんですね。

となるとクレジットカードも持てませんし、決済の面で不便になるのです。

その他にもクレジットカードが補えないようなサービス、現金決済が主だったジャンルの商品などでも決済系の仮想通貨には大きな可能性があると思うんですよね。

 

今回紹介するのは、そんな決済系仮想通貨の一つであるMTLについてです。

 

 

仮想通貨MTLとは

MTLはメタル(Metal)の通貨単位。

最大供給量は約6600万。

ビットコインの約6倍、最近は最大供給量が億超えのものが多いですから少ないと言えるかもしれません。

 

メタルはデジタルウオレットで仮想通貨のブリッジとしても機能。

最終的には日常的に利用できるアプリケーションの開発を目指しているのだとか。

また、Proof of Processed Paymentsという方式を採用しており、平等な報酬の分配を目指しています。

確かに現状では先行者利益的だったり、一部の大口のみが報酬を得られるものというのも少なくないですから魅力的と言えるかもしれません。

 

 

仮想通貨MTLの今後の将来性や高騰材料は

前述したように決済系の仮想通貨というのは現状満たされていないニーズという巨大な市場が存在しており、まだまだ圧倒的といえるシェアを獲得しているものもない状態です。

ですから将来性は今後の開発や提携状況によるとしか言えないのですが、個人的にはメタルを利用すると少量のMTLが手に入るというポイントが鍵のような気も。

こういったクレジットカードのポイントのようなものは支持されやすいですから爆発的なシェアを呼び込む可能性もあると思うんですよね。

また、扱っている取引所もまだまだ少なく、注目度が高まれば大手取引所への上場も期待できますし、そうなると高騰材料となりそうです。

 

なお初心者にオススメな情報をこちらの記事で特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.