仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨BCPTの今後の将来性に高騰材料、分かりやすく説明

更新日:

仮想通貨は終わらない

ビットコインの暴落、それに伴うアルトコインの暴落というのは度々と言っても良い頻度で起こります。

長く仮想通貨に接している人からすれば、はいはいまた例のねといった感じですし、だからこそ新人研修やバーゲンセールなんて表現の仕方もするんですよね。

 

しかし、仮想通貨に疎い人たちやテレビなどのメディアは仮想通貨も終わりかと囃し立てたり煽ります。

こちら側からしたらうんざりなんですけどね、毎度毎度ゴクロウサマです。

 

仮想通貨は終わりません。

そもそも仮想通貨という表現がそもそも間違っていると思っているのですが、この言葉で法整備もされてしまいましたからね。

厳密的な意味で仮想通貨、ヴァーチャルな通貨のように価値の移動や決済・保管という役割を専門にしているのはBitcoinやDASHなど多くは無い種類のものだと思います。

それ以外は貿易に革新的な変化をもたらすPPT、データの公証を行うティリオンのTNTなど未来を明るくする技術やシステムのためのものが多く存在します。

それらは例えBitcoinが倒れても、技術やシステムが望まれる限りは死ぬはずが無いんですよね。

 

今回紹介するのも、ブロックチェーンを利用した大きな変化をもたらす可能性の高い仮想通貨であるBCPTについてです。

 

 

仮想通貨BCPTとは

仮想通貨BCPTはBlockMason(ブロックメイソン)で利用される通貨単位。

最大供給量は約1億、なのですが確たるソースに辿り着いて無いのでらしいくらいで。

 

BlockMasonはブロックチェーンを利用したクレジットプロトコル。

Bitcoinはブロックチェーンを利用し、キャッシュの移動や保管に新たな在り方を提示しました。

ではBlockMasonは何が出来るのか。

ブロックチェーンに債務や信用情報といったデータを記録して利用しようというのです。

 

例えば、現在は信用情報と言えばクレジット会社や車や家のローンなど狭い分野でしか利用されていませんよね。

それをもっと広く、安全に利用しやすいものにしようということなのです。

 

債務と信用情報と表記するとわかりにくいのですが、噛み砕いて言えばこの人はどれだけ払うべきものがあり、その債務に対してどのように返済しているかということ。

例えば、友人関係だと金銭の貸し借りは多くの場合口約束ですし、返済に関してもルーズになりがちかもしれません。

また、日本ではかつて存在した飲食店での〈つけ払い〉もまた債務と信用情報で成り立っていました。

そういった情報をブロックチェーンを利用することで安全に使いやすく出来る可能性があるのです。

もちろん〈つけ払い〉が復活するという意味ではありませんが、これまでとは全く違った生活を予感させますよね。

 

 

仮想通貨BCPTの高騰材料や今後の将来性は

BCPTの高騰材料になりうるものといえば、実際に多くの企業などで使われること。

でも日本人の感覚的には債務や信用情報がやりとりされるのって不安ですよね。

しかし、それが限定されたものならどうでしょう。

例えば一つの店舗に絞った債務や返済状況、あるいはLINEのようなメッセージアプリを介した友人感の気軽な貸し借り。

そういった程度なら確実に運用される前提があれば抵抗は薄れるでしょうし、それによって便利なサービスも出てくるかもしれません。

現状そういったサービスや使われ方が無い以上未知ですが、可能性という意味では今後の将来性はとても楽しみなものだと思います。

また、BCPTが注目を集めるに従って大きな取引所への期待も高まりますし、こちらも高騰材料となる期待度大です。

 

もちろん投資は自己責任。

損失が発生する可能性も十分理解し、有意義な投資となることを願います。

 

なお初心者にオススメな情報をこちらの記事で特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-, ,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.