仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨PPTの今後の将来性や高騰材料は

更新日:

総悲観でキラリと光る・・・

現在仮想通貨界隈は大変なことになっていますね。

XEMの大量流出、いわゆるcoincheckショックに端を発した下落は世界にも影響を与えましたし、昨年から度々報じられているテザー関連の疑惑でもビットコインを中心に値を下げています。

古参の人には毎年恒例の1月の下落という見方もありますが、新規参入組にはキツイですよね。

 

あくまで個人的な考えではありますが、仮想通貨は終わりません。

何故なら仮想通貨の多くは投資や投機の為のものでは無く、それぞれの分野の新たな可能性を切り開くものだから。

こういった波に襲われても、確信を持って買っているコインでその確信が正しいのなら安心して上がるのを待っていれば良いと思います。

 

そういった確信の材料となるものに、このような暴落でも強い値動きを見せるというものがあります。

それは実際の価値が注目されているからという場合も多く(もちろん単なる仕手の場合もありますが)、少なくともそのコインを調べてみる価値はあると思います。

 

今回紹介するのは仮想通貨PPT。

 

2018年1月31日現在、まさに暴落真逆な最中での日足になります。

連日ほとんどのコインが真っ赤な中を上昇していくのはかなり力強い、つまり要注目のコインなのです。

 

 

仮想通貨PPTとは

PPTは仮想通貨Populous(ポピュラス)の通貨単位。

最大供給量はコインデータベースによると約3700万枚。

Bitcoinの2100万枚に比べれば多いですが、XEMやXRPなど日本でメジャーなアルトコインに比べればかなり少ない数だと思います。

時価総額と最大供給量を選ぶ基準にしている人にはかなり魅力的な数字ですよね。

 

ポピュラスは貿易金融プラットフォーム。

インボイス、つまり請求書をやりとり出来るのですが、ポピュラスにはいくつかの強みがあります。

1つめはPokensという独自トークンを利用すること。

このPokensはペッグ通貨になっており、各国の法定通貨と比率が固定されていているのです。

例えば通貨が弱い国の場合ですとレート変動によって大きな損失を生む場合があるのですが、ペッグ通貨ですとそういったリスクを回避出来ることがあるんですね。

 

さらにXBRLが使用されている点にも注目。

これは拡張可能な事業報告言語のことで、データを拡張することで様々な国の言語やフォーマットに対応することが出来るんですよ。

 

 

PPTの高騰材料や今後の将来性は?

前述したように、PPTは国際的な貿易に対するいくつかの強みを持っています。

スタンダードになるかどうかはわかりませんが、今後も実際に使用しようという企業は世界的に出てくるでしょうし、その中に大きな企業があれば高騰材料となりそうです。

また、投資家の注目を浴びればPPTの需要も増えるでしょうし、大手の取引所への上場もあるのではないでしょうか。

 

当然ですが投資は自己責任です。

今回の記事が判断の参考になれば幸いです。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

 

なお初心者におすすめな情報をこちらの記事で特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.