仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨レッドパルスRPXの今後の将来性や高騰材料は

更新日:

情報を制するものは

あくまで一般層での話ではありますが、日本人というのは情報に関する意識がかなり低いと思います。

世の中には様々な情報がありますよね。

テレビや新聞もそうですし、書籍や噂など。

溢れていると言っても過言では無いこの情報、しかし多くの人は情報弱者だと思うのです。

 

皆さんは情報を得るためにお金を払ったことはあるでしょうか。

ネットで調べればすぐ分かるのに馬鹿らしい、と思う人もいるかもしれません。

しかしネットに載っている情報は真実で無い事も多々ありますし、検索しても出てこない情報も多くあります。

 

さらに、お金を出して得る情報は胡散臭いと思う人もいるかもしれません。

これは世に溢れる情報商材などの詐欺商材などが原因かと思いますが、考えるまでも無く新聞なども有料情報なのですから有料が悪ということではありません。

また、ある調査によると年収が高いほど有料情報を取得しているというデータもありますし、これからは日本でも有益な情報を積極的に購入するのがスタンダードな時代が来るのかもしれませんね。

 

今回はそんな情報に関する仮想通貨RPXを紹介してみたいと思います。

 

 

仮想通貨RPXとは

RPXはレッドパルスの通貨単位。

最大供給量は約13億。

XEMの7分の1くらい、モナコインの13倍くらいですね。

また、NEOのICOで誕生したことでも知られています。

 

レッドパルスは中国の経済情報プラットフォーム。

経済情報というものは多岐にわたりますし、その活用方法も多くの可能性に溢れています。

経済情報プラットフォームといえば難しいように聞こえますが、経済情報が集まる場所を提供すると考えても大きく違わないと思います。

 

また、中国のものというのも大きなポイント。

知っての通り中国は巨大なマーケットとして注目を集めており、マーケティングなど様々なデータも高い需要があります。

現地で展開されるプラットフォームならそういった情報が集まるのも期待出来ますし、注目と需要が益々増加するのも必至といえるのではないでしょうか。

 

 

RPXの今後の将来性や高騰材料は?

今後ますます有益な情報の価値が高まるであろうことを考えるとRPXの将来性は明るいと言えるのではないでしょうか。

ただ、心配なのは中国の銘柄ということで、社会的な影響を受けやすいかもということ。

もちろん中国の銘柄というのは巨大市場という強みもあるのですが。

 

そして高騰材料といえばやはり取引所への上場ですよね。

日本でもQUOINEXのアプリでNEOが表示される不具合(?)フライング(?)が起こりましたが、NEOが上場するならRPXもと期待が高まります。

またステーキング開始も間もなく、こちらも需要が高まる要因。

もちろん国外でも大手取引所への上々の噂もありますし、それ以外にもレッドパルスが続々と多くの企業に活用されているという実績もあり高騰材料というのも続々と出てくるのではないでしょうか。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

 

なお初心者にオススメな情報をこちらの記事で特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.