仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨OMGの将来性や高騰材料は

更新日:

投資も良いけど

テレビなどでも仮想通貨について特集をするのを見ることが増えた印象ですが、それは近年のこと。

一般層に認知される前からビットコインなどの仮想通貨について知っていたという人も多いかもしれません。

そしてそれは中核をなしているブロックチェーン、分散型台帳技術の可能性などへの関心という意味合いも大きかったように思います。

しかし今ではビットコインの爆発的ともいえる高騰をきっかけに、投資・投機面での認知が広まり大多数はそういった印象かもしれません。

 

でもこれ、結構危険だと思うんですよね。

そもそもその技術などが魅力的で価値が認められた仮想通貨。

それが中身はどうでも良いから高騰するものを探すといった草コインブームはまさに真逆とも言えますし、そういった無価値への投資は大きな火傷をするリスクも高めます。

その仮想通貨がどういったものなのかを知り、投資するに値するか判断するというのは基本であり一番大事なことなのではないでしょうか。

 

今回はそういった意味でも注目の仮想通貨、OMGを紹介してみたいと思います。

 

 

仮想通貨OMGとは

仮想通貨OMGの通貨名はOmiseGo。

オミセゴーってまるっきり日本語じゃん、と思ったかもしれませんが、日本人起業家の長谷川潤さんが立ち上げた決済オンラインシステムなのです。

最大供給量は約1.4億。

モナコインに比べればやや多いくらい、XEMやXRPに比べればかなり少ないですよね。

 

OmiseGoが構築するネットワークは、銀行からの開放とも言える変革を目指します。

というのも、主に展開されている東南アジアでは銀行口座を持つ事が出来ない人というのも多いんですね。

それは開設にお金がかかったりといった要因があるのですが、銀行口座が持てないという事は決済で大きな不利益が生じます。

それをいまや誰もがといえるほど持っているスマートフォンのアプリで解決しようというもの。

 

例えばクレジットカードが無くともその場で決済が出来ますし、その決済もOMG以外にも様々な通貨やポイントを利用する架け橋となりえます。

実際、すでに運用されている地域では好評となっているのだとか。

日本でもクレジットカードは持ってないけど、という層には魅力的なシステムなのではないでしょうか。

 

OMGの高騰材料、将来性は

個人的にOMGの将来性についてはかなり期待がもてると思います。

その理由としては、革新的なシステムながら時価総額上位の仮想通貨にはライバルがいないこと。

例えばXRPは主に金融機関の国際送金でシェアの獲得を目指していますし、決済系のXEMともジャンルが違いますよね。

また、すでに実際にOMGは利用されていて、しかも地域が拡大しているのも大きなポイント。

東南アジアという地域は人口も多いですし、前述したような銀行のある意味弱い地域性も考えると絶対的とも言える地位を確立する可能性があります。

そこであの最大供給量の少なさ、これは価格もかなりあがる予感。

 

また、SBIが出資している点にも注目。

SBIは仮想通貨の取引所でアジア1の規模を目指している事は知られていますが、真っ先に扱うことを発表したリップルはSBIが以前からかなりの数を保有していました。

有望な仮想通貨には積極的にアプローチする印象のSBIですから今後は出資したOMG、コバンの上場も期待できますし、そうなると大きな高騰材料になりますよね。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

 

なお初心者にオススメな情報をこちらの記事でも特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-, , ,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.