仮想通貨というキャッシュポイントを考えてみる

仮想通貨での貯金の増やし方

アルトコイン

仮想通貨REQの将来性や高騰材料は

更新日:

仮想通貨の必勝法

仮想通貨で貯金を増やすためには利益を出す必要があります。

それには必勝法があって、それは買った時よりも高い値段で売ることだっり。シンプルでしょ?

つまりは買った時より値段が上がるまで待てば良いのです。

安い値段で狼狽売りなんかしちゃうから損失が発生するんですね。

 

とはいえ、それがことさら難しいのも仮想通貨。

というのも、仮想通貨には仕手など様々な要因で高騰する事があり、高値で掴みやすいんですね。

それでも上がるなら待てば良いのですが、無価値に近いものを高値で掴んでしまった場合、買った時点より値段が上がることが難しいなんて事態にも。

 

ならばどうすれば良いのか、今より価格が上がると確信できる仮想通貨を買うことが大事になります。

少なくとも、自分が分析して価値が上がると思って買ったのならば損失を出しても勉強代になりますし、しっかりと分析すればリスクは軽減出来るはず。

 

今回紹介するのは、そういう意味でも注目な仮想通貨REQです。

 

 

仮想通貨REQとは

REQは2017年8月に公開された仮想通貨。

供給上限は10億、XEMの9分の1でモナコインの10倍ほどですね。

 

元々はICOから始まり上場した仮想通貨で、イーサリアムベース。

ペイメントネットワーク、決済を目的としたプラットフォームで、スマートコントラクト機能を利用し支払い作業を自動化。

リクエストネットワークというのですが、請求をリクエストし、された側が承認すればワンクリックで決済できるもの。

これまでの決済といえば請求側や支払い者がクレジットカードのように間に入る人がいたり、何段階もステップを踏む必要がありましたが、そういった流れの簡略化も期待出来ます。

また、クレジットカードや金融機関のような個人情報を相手に提供しないのも大きいんですよね。

 

 

 

REQの高騰材料や将来性は?

REQにはいくつかの高騰を期待できる材料があります。

1つめはIOTにも応用出来るというもの。

IOTAに代表されるように、IOTに関連する仮想通貨というのは今後の可能性が期待でき、その期待が値動きにあらわれる事も多いんですよね。

 

さらに、トランザクションの実行などでREQがバーン、焼却される点にも注目。

これはつまり総数の減少を意味しますから、どんどん希少価値が上がると思います。

 

あとはこのリクエストネットワークを利用する企業が出てきたり、大きな取引所への上場が発表されるような場合も高騰材料となりそうです。

バーンやIOTなど将来性も期待できると言えるのではないでしょうか。

 

このコインが買えるのはこちら Registerが口座開設になっており、メアドとパスワードで簡単に開設出来ますよ。 パスワードは大文字のアルファベットを含まないといけない点が要注意。 日本の取引所では考えられない量のアルトコイン、草コインがありますからオススメなのです。

 

 

なお初心者にオススメな情報をこちらの記事でも特集していますので是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-アルトコイン
-, , ,

Copyright© 仮想通貨での貯金の増やし方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.